ランニングを最近始めた会社の後輩の話です。

 

後輩
後輩

ジョギングするとすぐに心拍数150に上がるんですよね~
でもペース落としたくないから、ぐんぐんペースアップするんですけど、ジョギングのペースって1キロ6分30秒程度で合ってますよね?

 

僕

それはペース速すぎ…
もうジョギングのペースじゃなくなってるから。
初心者ならジョギングのペースはもっと落とさないと意味ないよ!

 

後輩
後輩
だってトレーニングの本にジョギングのペースは1キロ6分30秒って書いてましたよ。

 

僕
いやいや、心拍数基準でジョギングのペースを自分なりに決めないとだめだから

 

この後輩、ちゃんと心拍数を測れる時計を身に着けているのに、もったいない練習をしています。

 

負けず嫌いなので人に抜かれるのが嫌なようで、心拍数が上がりすぎていても関係なくペースアップして、それがジョギングだと思っているようです。

 

本人は今日の練習がジョギングだと思っているだけで、そんなに心拍数高いなら、それはもうインターバル練習しているようなものだから(-_-;)

 

ということで、今回はジョギングの心拍数について説明します。

この記事の続きを読む