この記事は約 7 分で読めます

 

雪まつりに行くと甘酒を握りしめて寒くてぶるぶる震えている女性を見ます。

恰好を見てみるとミニスカートにタイツ、ショート丈のコートやダウンジャケット…東京の真冬の恰好で雪まつり観光は厳しいです。
寒くて雪像を見る余裕もないでしょう(=_=)

 

雪まつりに行くのなら完全防寒対策して暖かい服装で行かないと全然楽しくないですよ?

 

今回は北海道雪まつりでのベストな女性の服装をお伝えします。
寒くなくておしゃれを意識した服装だとテンションも上がりますよ♪

スポンサーリンク

雪まつりの服装 女性ならこの格好が寒くない。

雪まつりというと北海道さっぽろ雪まつりをイメージしますが、ここでは旭川冬まつりを意識した服装を書くことにします。

 

なぜかというと、道外の人にはわかりませんが札幌市と旭川市では気温が全然違います。
冷蔵庫と冷凍庫くらいに気温差があります(逆にわかりにくいですか?)

 

札幌では雪まつりの夜に氷点下10度は当たり前ですが、日中はプラス気温になることもあって雪ではなく雨が降ることも多々あります。

旭川では夜に氷点下20度にもなりますし、日中でもプラスになることはありません。

 

だから、さっぽろ雪まつりに行く服装を教えてしまうと、旭川に来たときに別次元の寒さなので寒くて氷像や雪像なんて見る余裕がなくなります。
よって、旭川冬まつりの服装をチョイスして札幌ではインナーを脱いで調節すればいいです。

 

雪まつりでの寒さ対策で暖かくしたい部分は手と足、首元、耳、女性ならお尻です。

 

部分的にここを重点的に温かくしておくと体全体がポカポカしてきて寒くないです。

もっと簡単に説明するとインナーでガッツリ防寒しちゃいます。
インナーが寒いと上にどんな厚い服を着てもスースー風が抜けて底冷えしますよ。

だからインナーをこれでもかというくらいに固めちゃいます。
イメージしやすい購入しやすいようにブランド名をズバリ書いておきますね。

 

  • インナー

ユニクロのヒートテック。
ヒートテックには普通・極厚・超極厚と3種類展開していますが、雪まつりでは超極厚のヒートテック2枚重ねがおすすめ。もちろん上下とも二枚重ねで着ます。
長さも十分袖と手首足首がちゃんと隠れる長さのサイズを選びましょう。

この超極厚ヒートテックは最強です(^^)/

ヒートテック二枚重ねにするとあとは上を脱いだりして調節するだけで、暑さ対策できますからね。
知っていると思いますが、さっぽろ雪まつり会場は札幌駅からちょっと離れていて、会場までは地下街か地下鉄を使います。
札幌って面白いのは外気温と室内の気温差が激しいです。
中はガンガンに暖房を効かせてTシャツでも大丈夫なくらいになっています。

 

だから、初めてさっぽろ雪まつりを見に行った人は、室内で汗だくになり外に出て汗で冷えてブルブルしています((+_+))
札幌では上着を脱いだりしてインナーに汗をかかないように注意しましょう。

 

  • 靴下

ユニクロのヒートテック靴下二枚重ね、もしくはミズノの厚手のブレスサーモ靴下。
私はブレスサーモの靴下を履いていきます。

 

 

2時間くらい外で雪像を楽しんで屋台で食べていても足が寒いなんてないです。
雪の上にずっといることになるので、靴下を手を抜くと冷えてジンジンにしびれてくる寒さですよ。

 

コロンビアやノースフェイスなどのアウトドアブランドの防寒ブーツ

 

 

私はコロンビアのブーツを雪まつり用に買いましたが、スッキリしたデザインなのでちょっと寒い時や雨に日でも普段から履いています。あまり違和感なく履けるのでいいと思います。

ノースフェイスはちょっとごついので雪まつり以外では微妙かもしれません。

 

UGGのムートンブーツを履いていきたいけどやめた方がいい?

あーUGGのムートンブーツ履いている女性も見ますね。

ムートンブーツを履いていくのなら撥水スプレーをガッツリとスプレーしてください。濡れると靴下まで染みてきますよ。
さっぽろ雪まつりでは横断歩道とか融雪剤を撒いて雪を溶かしているのでビチョビチョ雪です。撥水性のない靴だと染みて冷えてきますからね。UGGのブーツを履くのなら撥水を忘れずに。

 

あと、厚めのモコモコした中敷きも敷くとだいぶ違いますよ。
ヒールのある靴もNGですよ。危ないです。

滑り止めも通販や札幌の靴屋さんでも売っていますが、人ごみでチョコチョコとした歩けないので、私は必要ないと思います。
大股で歩いたり走ったりするのなら必要ありますがね。確かに滑り止めの金具があると圧雪の氷状態の道路でも滑らないので安心ではありますが過剰対策かも。

 

  • パンツ

ヒートテックの上に裏ボアのスキニーデニムがユニクロで売っているので履きましょう。
インナーとパンツの間に隙間が出ないようにスキニーデニムがおすすめです。
ヒートテックデニムもあるので、そちらもチェックですね。
下半身はこれで完璧防寒です。ポカポカですよ~♪

 

  • ウールかカシミヤのニット

おすすめはカシミヤのニットセーターです。
これもユニクロで売っています。カシミヤのニットは週ごとに割引で安くなるのでゲットしましょう。
私は初売りで半額で購入できたのでラッキーでした。
ニットは薄いので着ぶくれしないし暖かいですよ。

 

  • ダウンベスト

ユニクロのライトダウンベストをニットの上にチョイス。
室内で厚くなったらベストを脱ぐかベストの上のジャケットを脱ぎます。
ユニクロは安い割におしゃれに着こなせるのでお得ですよ。

 

  • ダウンジャケット

できればお尻も隠れる長さのロングタイプがおすすめですね。
コートじゃなくてダウンですからね。やっぱりダウンが防寒機能高いです。
お尻が隠れないダウンジャケットしかないのであれば、新たに購入することもないです。
腰に巻くダウン巻きスカートを買いましょう。

 

 

これは家にいるときにも履けるので便利ですよ。

 

  • マフラー

しっかりと首元を温めることができるマフラーかネックウォーマー
緩めたりできて体温調節できるのでマフラーの方がいいですけどね。

 

  • 手袋

手首が隠れる長さのしっかりした手袋がおすすめです。
防水タイプがいいですよ。

 

  • ニット帽

耳が隠れる深さのあるニット帽
ダウンジャケットにフードが付いていてもニット帽はあると暖かいです。
真冬の北海道は頭や指から冷えてくるので要注意。

耳が微妙に出るのなら耳あてもあると暖かいですよ。耳当てもユニクロで売ってます。

この微妙に耳が出るのが真っ赤になってしびれてくるので耳が出ないようにしましょう。

 

これで夜の雪まつり会場でも寒くなくゆっくりと雪像鑑賞できるでしょう。

 

スポンサーリンク

北海道雪まつりで忘れないでほしい持ち物とは?

服装や靴は上で説明したとおりのものをそろえると完璧ですが、そのほかにも北海道雪まつりではあると便利なんだけど忘れがちな持ち物があるので書いておきます。

 

  • 日焼け止め

日中は意外に太陽が照る時間帯もあります。
雪像を見るために上をずっと向いているとすぐに雪焼けしますよ。
家に帰って鏡を見たら、なんか黒い…ってことがあります。
昼の雪まつりに行くのであれば日焼け止めを塗りましょう。

 

  • カイロ

使わないかもしれませんが、あると重宝するのがカイロ。
安いし、10枚セットくらいで買っておいても荷物にもなりませんよね。
どうしても寒い時にはお尻のポケットや背中に貼ると全然違います。

 

  • ビニール袋

汗をかいたときに拭くタオルやインナーが出るかもしれないので、そのための用心です。
濡れた服をバッグの中に直接入れたくないでしょ?

 

  • マスク

真冬の夜の雪まつり会場では風も強いときあるし、吹雪くときもあります。
マスクがあると顔が暖かくていいですよ。

Twitterの書き込みも服装チェックするのに役に立ちます。


 

まとめてみると…

せっかく雪まつりを楽しみに来たのに寒くてちゃんと楽しめなかった…
なんてことのないように寒さ対策は万全にしていった方がいいですね。

 

ここでポイントをまとめてみましょう。

  • インナーをしっかりと防寒対策
  • ユニクロは安いしかなり使える
  • 手、足、首元、耳、お尻を手を抜かず防寒

 

いかがですか?
こうやって服装とか持ち物をチェックしていると、すでに雪まつりに行っているような気分になりますね(*^^*)

 

雪まつりは外にいる時間がどうしても多くなるので、しっかり温めて楽しみましょう!

スポンサーリンク