仏壇を拝む

 

故人が亡くなってから初のお盆は初盆といい、親戚や交流があった人を招いて故人を供養するのが一般的です。

 

その場合、お供え物を持っていくと仏壇にもお供え物が溢れてしまうので、あえてお金を持っていくこともあります。

 

しかし、仏壇の際に備えるお金の向きはどうすればいいのでしょうか?

 

ここではお供え物としてお金を持っていく場合について解説をしていきます。

スポンサーリンク

もくじ

閉じる

仏壇に供えるお金の向きはどっち向き?

仏壇に供えるお金ですが向きがあります。

 

まず、お金を備えるといっても、裸の現金のままお供えをするというのはマナー違反になります。

 

裸の現金を置かれても遺族の方は困ってしまいます。

 

お供え物としてお金を備えることを「ご仏前」と呼びます。そしてお供えする際には現金はのし袋に入れるようにします。

 

のし袋の入れるお金の向きに決まりはありません。

 

のし袋の上段に「ご仏前」の文字を入れて、下段には自分のフルネームを入れます。

 

文字入りののし袋も売られていますので、その場合は名前のみで構いません。

 

そしてご仏前をお供えする際には故人に見える方向、つまり文字を仏壇方向にしてお供えをするようにしましょう。

 

ご仏前ですが故人との交流の度合いにもよりますが、お値段の相場としては3000円から5000円程度で構いません。

 

一般的なお供え物の値段としてもこのぐらいですので、それに合わせたほうが故人も気を使わないで済むでしょう。

 

故人との交流が深い、自分の気持ちを汲み取って欲しいということで、大金を包むと、かえって遺族の方は困ってしまうことも多いです。

 

ですので、ここは相場に合わせた値段にしたほうが無難ですね。

 

仏壇のお供え、向きは曹洞宗だと…

故人の宗派が仏教だとわかっていても、そのまた宗派によって様々に変わるためちょっとわかりにくいですよね。

 

仏壇のお供えですが、向きは曹洞宗だとどうなのでしょうか?

 

結論から言えば、曹洞宗でも向きは上記のままで変わりません。

 

というより曹洞宗は日本の仏教の中でもっとも多い宗派ですので、一般的なマナーはだいたい曹洞宗に当てはまります。

 

お供えに関してはご仏前でしたら向きや値段もそうですし、お供え物の品物も曹洞宗だから特別に何かを用意した方が良いということもありません。

 

お供え物としてお金ではなくて品物を送る際にも、迷ったら百貨店やネットなどで売っているお供え物セットなどを利用すると楽ですよ。

 

スポンサーリンク

 

仏壇のお供え、お金そして香典袋の選び方

仏壇のお金をお供えすることを「ご仏前」と呼びましたが、その際にはのし袋を使います。

 

水引きには黒白または黄白の結び切りで問題はありません。

 

またご仏前と似たようにお金を包むことを香典と呼びますね。

 

香典とご仏前の違いはなんなのでしょうか?

 

香典は法要などで親族に渡すお金のことをさします。

 

ですので香典の中にご仏前が含まれているわけですね。

 

香典ですが、49日を境に変わり、個人が亡くなってから49日まではご霊前、そして49日後からはご仏前として使い分けます。

 

なので香典袋を選ぶ際には故人が亡くなってからの日にちで分けるようにしましょう。

 

もしわからなかったら御香典として書いても構いません。

 

 

細かいマナーがあり、なかなか選ぶのも大変かもしれませんが、大切なことなので忘れずにしっかりと選ぶようにしてくださいね。

 

まとめ

仏壇にお金を供える際には向きがあるので注意しましょう。

そして、仏壇にお金をお供えすることは「ご仏前」(ごぶつぜん)と呼びます。

 

ご仏前の際にはのし袋を用意して、だいたい3000円から5000円ほどを包むようにしましょう。

 

そして個人に見える向き、つまり仏壇の方向でお供えをするのが正しいマナーとなっています。

 

これらのマナーを守った上でしっかりと故人を偲んでお参りをしてあげてくださいね。

スポンサーリンク