この記事は約 3 分で読めます

 

あなたは大事なフィギュアをどこに保管していますか?
まさか窓際に普通にボンと置いてないでしょうね。

 

フィギュアは保管方法によって日焼けして色あせや劣化に極端に差が出ますよ。

 

フィギュアの置き場所は太陽光を遮ればいいの?LED照明にすればいいの?フィギュアケース保管で完璧なのか?

 

今回はフィギュアの日焼けと上手な保管方法の疑問にお答えします。

スポンサーリンク

フィギュアの日焼け防止はLED照明で完璧?

まず、最初に頭に入れておいてほしいのがフィギュアの劣化の3つの原因です。

  • 直射日光(特に紫外線に注意)
  • 埃(ほこり)
  • 熱さ・熱気(夏場や暖房)

タバコもヤニが付くのでダメですよ。

 

この中でも一番注意したいのが太陽の紫外線です。

 

窓際に普通に置いていたけど、マズイよね…

 

はい、マズいです、今すぐに置き場所変更です!!
というか、すでに時遅しでしょうけど( ;∀;)

 

フィギュアの白い塗装面を確認してください。
すでに日焼けして黄ばんでませんかね?たぶん黄ばんでいると思いますよ。
黄ばんだら塗装しなおすとかしないと元に戻りません。

 

塗装だけでなく内部も強度が劣化して後々ひびが入ってきたりします。

まぁなんの紫外線対策もしないで窓際にフィギュアを置くこと自体NGですがね。

ということで、部屋の照明はLEDに変更しましょう。

 

蛍光灯じゃ日焼けするの?

 

はい。
蛍光灯からは紫外線がもろに出ていますよ。
LEDからは紫外線はほぼ出ていないので日焼けもしません。

フィギュア専門店ではショーケースの照明はすべてLED照明かLED蛍光灯です。
そうしないと劣化してプレミア価値が落ちますからね。

 

UVカットフィルムでフィギュアは日焼けしないのか?

部屋の照明をLEDにしたから日焼けしないとは限りません。
窓があるならそこから太陽光と一緒に紫外線がフィギュアに降り注いでいます。

 

日中はレースのカーテンだけしているので日焼けは大丈夫ですよね?

 

レースのカーテンだけではだめです。
紫外線がフィギュアに当たっていますよ。

完璧を求めるならフィギュアの置き場所は窓のないLED照明だけの部屋がおすすめです。

 

窓があるのならレースのカーテン+遮光カーテンをして日中も一切開けないことが必要です。

レースのカーテンが遮光性効果の商品もあります。

 

日中でもカーテン閉めて?暗くて嫌ですよ~

 

カーテンを開けたくないのであれば、UVカットフィルムを窓に貼りましょう。
UVカットフィルムはホームセンターにもありますが、種類が少ない場合があるので通販で取り寄せるのが簡単です。

 

UVカットフィルムを窓に貼ると防犯対策にもなるのでいいと思いますよ。
窓のかぎの部分を割って鍵をあけて家に侵入するのが泥棒の常套手段ですからね。

フィルムを窓に貼ると割るのに一苦労するので「これはやばい家だ」と判断して逃げていくでしょう。

スポンサーリンク

フィギュアケースに入れて保管すれば日焼けしないのか?

部屋に窓があるけどフィギュアケースに保管すれば日焼けしないでしょ?

 

そのフィギュアケースってUVカット機能がついてますか?
ケースのアクリル盤自体がUVカットになっていれば大丈夫です。
ちゃんと確認してみましょう!

 

あとフィギュアケースに保管する場合は夏場の熱気にも気を付けましょう。
フィギュアケースの中はかなり熱くなっていますよ。

 

フィギュアが熱気にさらされると可動部分の関節も劣化してボキッと折れたり、つま先の部分が溶けたりします。たまにケースの下を傾けて熱気を逃がしてやる工夫も必要になります。

 

紫外線カットのケースじゃなかった・・・UVカットフィルムを内側に貼ればいいかなぁ

 

いやいや、車のフィルム張りのプロでもケースの内側に空気も入れずに綺麗に張るのは至難の業です。素人ならなおさら厳しいです。

UVカットフィルムを購入するのなら、ケースごとUVカット商品に買い替えた方が早いですよ。

 

まとめてみると…

フィギュアの置き場所ってかなり制限されるんですよね。
大事なフィギュアを守るにはそれなりに工夫が必要です。

 

それでは要点をまとめてみましょう。

  • 蛍光灯からも紫外線は出ているので日焼けする
  • LED照明からは紫外線がでていない
  • 埃と熱気にも注意
  • 窓にはUVカットフィルムを
  • フィギュアケースもUVカット機能あるやつを選ぶ

 

フィギュアの劣化とか色褪せとかまったく気にしないのなら、紫外線とか関係なく窓際に置けばいいです。

大事に保管したいのなら紫外線・埃・熱・タバコに注意してくださいね。

スポンサーリンク