手洗い表示を確認

 

洗濯物に手洗い表示が付いているのでしたら、

手洗いするかクリーニングに出すのがベスト!

 

ただしクリーニングに出す場合は、

いくつか注意点があるので後ほど

詳しくご説明しますね!

 

そして手洗い表示がついているものは、

洗濯機で洗ってはいけないのでしょうか?

 

今回は手洗い表示がある衣類は

クリーニングに出すべきか家で洗うべきかを

解説していきます。

スポンサーリンク

もくじ

閉じる

手洗い表示の服は洗濯機を使ってはダメなのか?

ズバリ、手洗い表示がついている服は

洗濯機を使うのはNG!

 

手洗い表示が付いているということは、

それだけ服の生地や素材が傷みやすい

ということなので、

洗濯機を使うと衣類がダメになってしまう

可能性もありますよね?

 

そうならないためにもぜひ、

洗濯表示はしっかり確認して、

洗濯機を使うべきか手洗いをすべきか、

もしくはクリーニングに出すべきかを

判断していきましょう。

 

ただし洗濯機に手洗いコースがあるのなら、

手洗い表示の服も洗濯機で洗うことが出来ますよ!

 

でもその場合は、

必ずその衣類をきちんとたたみ、

洗濯ネットに入れてから洗うようにしましょう。

 

そのまま他の衣類と同じように洗ってしまうと、

服がやっぱり傷む可能性が高いので、

くれぐれも注意してくださいね!

 

私もおしゃれ着を洗濯機で洗う時は、

必ずたたんでからネットに入れて

洗うようにしています。

 

そうすれば衣類が傷んだりする心配もないので、

とっても安心なんですよ。

 

もちろん手洗いするのが面倒だったり、

洗濯機に手洗いコースがない場合は、

クリーニングに出してしまいましょう!

 

クリーニングに出してしまえば、

プロの手で確実にキレイにしてもらえるので、

すっごく安心できるでしょう。

 

ただしお金がかかってしまうので、

なるべくは自宅で手洗いすることを

私はおすすめします!

 

確かにクリーニングに出せば、

プロによって汚れもしっかり落ちるし、

生地や素材を傷める心配もありませんよ。

 

ただ意外と料金が高かったりするので、

あまりお金をかけたくないのでしたら、

手洗いをしていくようにするといいでしょう。

 

スーツや喪服、コートなど、

本当に家庭で洗濯できない服だけを、

クリーニングに出していくといいですよ!

スポンサーリンク

クリーニングに出すときのポイント

クリーニングに手洗い表示の服を出す時は、

シミや汚れがないか。

 

そしてほつれや穴がないかなど、

汚れやダメージをあらかじめ

チェックしておきましょう!

 

というのも、落としてほしい汚れを

しっかりクリーニング店に伝えておくことで、

ちゃんとキレイにしてもらうことが出来ます。

 

そして、ほつれや穴などのダメージを

チェックしておくことで、

万が一クリーニング店から帰ってきた衣類に、

ダメージが増えていないかを

調べることが出来るんですね。

 

もし衣類にダメージが増えていたら、

クリーニング中に服が傷んでしまった

ということなので、

クリーニング店に苦情を入れることが出来ます。

 

ただ、ダメージをあらかじめチェックしておかないと、

いつ、どの段階でダメージが出来たのか、

というのが分からないんですよね…。

 

そのためクリーニングに出す場合は、

ぜひ汚れとダメージの有無をチェックしておくようにしましょう。

 

もちろんポケットが付いている衣類の場合は、

ポケットの中に何も入っていない状態に

しておくことも大切ですよ。

 

うっかりお金とか貴重品を

入れたままにしておいたりしたら、

本当に大変ですからね!

 

絶対にクリーニングに出す衣類は、

ポケットの中もチェックしておくようにしましょう。

 

そうすれば安心して衣類をクリーニングに出せるので、

とっても安心なんですよ!

 

やっぱりお金はかかるけれど、

クリーニング店に衣類を任せるって、

すごく楽だし安心ですよね。

 

ぜひクリーニング店を利用する際は、

これらの注意事項を守っていくよいいですよ!

 

まとめ

手洗い表示のある服は手洗いするか、

ネットに入れてから、

洗濯機の手洗いコースで洗うのがおすすめ。

 

もし手洗いできそうにない衣類でしたら、

クリーニングに出すのもOKですよ。

 

ただしその際は、

シミや汚れ、そしてダメージの有無を

しっかりとチェックしておきましょう。

 

そうすれば安心してクリーニング店に衣類を任せられますよ!

スポンサーリンク