この記事は約 3 分で読めます

着たコートを収納する女性

 

衣替えの際、着たコートは収納前に

必ずクリーニングに出し、

そしてしまう際は種類ごとに分けると良いですよ!

 

とっても面倒でついつい適当にしてしまいがちな衣替え。

 

でも、着たコートに関してはそのまま収納するのはNGです!

 

 

そこで、衣替えの時の注意点と、

上手なコートの収納方法もあわせて詳しくご紹介していきますね!

スポンサーリンク

着たコートは洗濯しないで収納する?クリーニングは?

1度でも着たコートに関しては、そのまま収納しないで、

必ずクリーニングに出してから収納するようにしましょう。

 

クリーニングに出さないで収納してしまうと、

シミや虫食い、カビの原因になったりするので、

絶対にクリーニングには出すようにしてくださいね。

 

一見キレイにみえるコートでも、着用した場合は、

見えないゴミやホコリが付着している可能性があるし、

湿気を吸い込んでいる場合だってあります。

 

そのためクリーニングに出さないと、

付着した汚れなどがシミになる可能性もあるんですよ!

 

そうならないためにも、着たコートはクリーニングに出すべし!

 

我が家でも衣替えをする際は、

必ずコートをクリーニングに出すようにしています。

 

ただし、収納する際はクリーニングのカバーを外しておく、

ということが意外と大切。

 

クリーニングのカバーをかけたままだと、

湿気がこもりやすくなってしまい、

せっかくキレイになったコートにカビが生えてしまう、

なんていうこともあるんですよね…。

 

そうならないためにもクリーニングに出して、

戻ってきたコートはまず、かかっているカバーを外し、

2~3時間は通気性の良い場所に陰干ししておきましょう。

 

すると完全にコートの湿気を取り除くことが出来るので、

あとはクローゼットなど収納スペースにしまっておけばOK!

 

もちろん防虫剤や場合によっては除湿剤も一緒に入れて、

クローゼットにしまっておくといいですよ。

 

これでカビや虫食いを予防できるのでとっても安心!

 

大切なコートを守るためにも、ちょっと手間だけれど、

クリーニングをしてから陰干しして、

そして防虫剤や除湿剤を使っていくようにしましょう。

 

スポンサーリンク

コートの上手な収納方法

コートの上手な収納方法はズバリ、

コートを種類ごとに分けてクローゼットにかけておくこと。

 

仕事に着ていくコートやおしゃれ用のコート、

スプリングコート、ダウンコートなど、

色々種類が多い場合は、クローゼット内に配置を決めて

それぞれコートの種類ごとに、

かけて収納していくようにしましょう。

 

 

例えばクローゼットを開けて向かって右側は、

ダウンコートやファーのついたコートなど、

遊びに行く時に着ていくコートにすること。

 

そして向かって左側は仕事に行く時に

着ていくコートにするなど。

 

そうしてコートの配置を種類ごとに決めていけば、

どこに何のコートがかけられてるか、

というのがパッと見て分かるようになるので、

次の冬のシーズンには衣替えがとてもしやすくなるでしょう。

 

やっぱりコートはどこに何をしまったか、

時々分からなくなってしまうことがありますからね…。

 

我が家でもコートはクローゼットの端にまとめて収納するなど、

比較的分かりやすいように収納しているんですよ!

 

そのため、コートを種類や用途ごとに分けて収納するのはかなりおすすめ。

 

探しているコートも見つけやすくなるし、

クローゼットの中もスッキリしますよ!

 

収納スペースの整理整頓にもなるので、

コートはぜひ種類ごとに分けてハンガーにかけ、

クローゼットに吊るしていきましょう。

 

もちろん先ほどもお伝えしたように、

防虫剤や除湿剤などを入れるのも忘れないようにしてくださいね!

 

そうすれば次のシーズンも

コートを気持ちよく着られるようになりますよ!

 

まとめ

1度でも着たコートは衣替えの際、必ずクリーニングに出すこと!

 

クリーニングに出さないまま収納してしまうと、

シミやカビや虫食いの元になるのでご注意を。

スポンサーリンク