アンティーク着物の染み抜き

 

和モダンな柄で、結婚式などでもおしゃれに着ることができたり、ハレの場でも着ることができるアンティーク着物の人気が高まっています。

 

ですが、そんなお気に入りアンティーク着物にもし染みがついてしまったらどうしましょう?

 

アンティーク着物の染み抜きの料金相場はどのくらいなのでしょうか?

また、匂いを消す方法はあるのでしょうか?

 

ここでは、アンティーク着物について解説をしていきたいと思います。

スポンサーリンク

もくじ

閉じる

アンティーク着物の染み抜きってできるのか

アンティーク着物の染み抜きはできます。

ただ、着物の染み抜きは基本的に難しいです。

 

自分で行おうとすると色が落ちてしまって、染み以上の目立ってしまうことがあります。

 

ですので、アンティーク着物に限らず、染み抜きは専門のお店に任せたほうがいいでしょう。

 

一応ベンジンなどの溶剤を用いて、自宅でも染み抜きをすることはできますが、染み抜き剤にも種類があって、染み抜き剤ごとに適した染みも違います。

 

自分での染み抜きは自己責任になります。

 

せっかくのお気に入りのアンティーク着物をダメにするのが嫌なら、プロに任せた方が安全です。

 

着物の染み抜きの料金相場

ではアンティーク着物に限らず、着物の染み抜きをする場合、料金の相場はどのくらいなのでしょうか?

 

着物の染み抜きの場合、専門店で染み抜きをおこなってくれることが多いです。

 

その料金は様々ですが、500円ほどのサイズ染み抜きでだいたい500円から800円ほどになります。

 

もちろん染み抜き以外にもクリーニングなどを合わせて行うと、その都度料金は高くなっていきますが、染み抜き自体は割と安くすることができます。

 

染み抜きは染みの種類によって方法が異なります。

 

また古い着物の場合は生地が天然素材で弱いものもあり、染み抜き一つもかなりデリケートに行わなければなりません。

 

着物をクリーニングをすると着物を構成するものそれぞれにお金がかかるので、全部まとめて行うと料金の相場としては1万円ほどになります。

 

ですが、着物のクリーニングは毎回着てすぐにやる必要はありません。

 

着物のクリーニングの頻度としてはだいたいワンシーズンに1回ほどで構いません。

 

あまり頻繁に着物をクリーニングしてもそれはそれで生地が傷みやすくなります。

 

ですので、お気に入りのアンティーク着物などに染みがついてしまった場合は、とりあえず染み抜きだけでも先にしてもらって、全体のクリーニングは今度まとめてという感じでも大丈夫です。

 

それなら大してお金もかかりませんし、安心して染み抜きを行ってもらえますね。

 

スポンサーリンク

 

アンティーク着物の匂いが気になる

アンティーク着物や古くタンスにしまっていた着物の場合、なんだか匂いがきついということがあります。

 

その原因は湿気やカビの匂いです。

 

これらはどうやって落とすのでしょうか?

 

まずやっていはいけないのが消臭スプレーをかけることです。

 

消臭スプレーの多くは化学用品が使われており、着物などのデリケートな素材の場合、そのまま染みになってしまう恐れがあります。

 

匂いを消そうとして、それが染みになってしまったら本末転倒ですね。

 

アンティーク着物や着物の場合、匂いを消す基本は陰干しです。

 

風通しの良い場所で陰干しをすることで、匂いはある程度落ちてくれます。

 

そして、それに加えてドライヤーなどで生地をしっかり乾燥させることで、湿気た匂いを落とすことができます。

 

もしそれでも匂いが落ちない場合は、一度プロのクリーニング屋さんに丸洗いをお願いした方がいいかもしれません。

 

お気に入りのアンティーク着物はぜひ気持ちいい状態で着るようにしてくださいね。

 

まとめ

着物はデリケートな生地でできているため、染み抜きはプロに任せた方がいいと思います。

 

着物の染み抜きの相場ですが500円ほどのサイズで500円から800円ほどになります。

 

そこまで高いものでもないので、お気に入りにアンティーク着物を綺麗に保つためにもプロの染み抜きはぜひ利用するようにしてくださいね。

スポンサーリンク