この記事は約 4 分で読めます

エアコンの真下にベッド設置で体調不良?落下事故やおすすめ配置情報

夏場は寝室にエアコンを設置しないと、寝苦しくて熟睡もできませんよね?

 

しかし、寝室にエアコンを置く場合、エアコンの真下にベッドが設置してある場合はちょっと注意したほうがいいと思います。

 

最近は大きな地震も頻繁に起きているし、もし寝ている顔に落下!したら大けがするでしょうし、風向きも気をつけたいところです。

 

風向きでいうとエアコンの風の終着点はエアコン真下のベッドです。どういうことかというとほこりとカビの吹き溜まりになっているということ。

 

これは改善の余地があります。

 

この記事ではそんな寝室とエアコンについて解説をしていきます。

スポンサーリンク

もくじ

閉じる

エアコンの真下にベッド設置は大丈夫?

寝室にベッドを置く際、配置としてはエアコンの真下になってしまうことは多いですよね。

 

よほどの部屋の広さじゃないとどうしても頭の上にエアコンって設置になってしまうのではないでしょうか?

 

「でもこれって大丈夫なのでしょうか?」

 

結論から言えば、あまりよくはないですが一応大丈夫です。

 

エアコンの真下にベッドがある場合、風向きによっては冷気が体に直撃をしてしまったり、空気が乾燥をすることがあります。

 

そうなると体調不良や自律神経の乱れの原因にもなりますので対策が必要です。

 

エアコンの真下にベッドがある場合はエアコンの風向きを上向きにして冷風が直接当たらないようにしましょう。

 

またマスクや加湿器をつけて寝ることによって空気が乾燥をしないで済みます。

 

寝る際にエアコンをつけていると、そのまま朝までエアコンをつけっぱなしということもあります。

 

その場合、体にもあまりよくありませんのでできるだけタイマーをつけて寝るようにしましょう。

 

他にも風水の観点からもエアコンの真下にベッドがあるのはあまりよくありません。

 

風水では枕元や頭上に物があるのは気の流れが悪くなり、運気が上がらないとされています。ですので、風水はスピリチュアルな話ですので信じるか信じないかその人次第です。

 

気にするのならエアコンの真下にベッドは避けて、気にしないのならしっかりと対策をするようにしてくださいね。

 

エアコンが壁から落下事故とかあるのか?

エアコンの真下にベッドがある場合、怖いのはエアコンの落下事故ですよね。

 

エアコンは一基あたり20キロから30キロほどします。

寝ている間にそんなのが頭に落ちてきたらひとたまりもないありません。

 

そんなエアコンの落下事故ですが、結論から言えばあまり考えられにくいです。

 

エアコンは簡単に落ちないように壁にしっかり固定されるだけでなく、裏側は配線によって外側にまで繋がっています。

 

ですので仮にエアコンが落下しそうな事故が起きた際にもその配線によってブラーンとぶら下がる形になります。

 

なので突然頭上にエアコンが落下してくるということはそうそうありません。

室外機への配線によって顔すれすれでぶらーんと垂れさがるかもしれません。

 

ただもちろん可能性としては0ではありません。

 

様々な要因によってエアコンが頭上に落下してくることはないとも言えないので、もし心配な場合はエアコンの真下にベッドを置くのは避けた方が良いでしょう。

スポンサーリンク

エアコンのある部屋でベッドのおすすめ配置場所

エアコンのある部屋でベッドを置く場合オススメの配置場所はどこなのかというと、エアコンの風が直接当たらない場所です。

 

寝室が十分に広い場合、ベッドを直接風が当たらない場所に配置することで、体が冷えるのを避けるようにしましょう。

 

また壁に密着してベッドを配置してしまうと、その分湿気やホコリなどが隙間にたまりやすくなってしまいます。

 

ですので、できたら壁からは少し離した状態でベッドを置くようにしましょう。

 

この考え方は「金スマ」でも出演して話題になった病院清掃30年の松本忠男さんが警笛を鳴らしています。

created by Rinker
¥1,320 (2021/05/06 21:52:09時点 Amazon調べ-詳細)

 

エアコンの風は部屋の中を対流して最後に行きつくのがエアコン真下です。

要はホコリやカビの吹き溜まりになる場所がエアコン真下なのです。

 

エアコンの真下にベッドを設置してからのどが痛い、体調が悪くなったというのなら間違いなく設置場所が悪いので枕の位置を変えるだけでも効果があるのでやってみてください。

 

また、設置場所を変えるようなスペースがない場合は、エアコンの風向きをかえるカバーなども市販されています。

 

風よけカバーを利用して快適な部屋作りをしてくださいね。

 

まとめ

エアコンですがベッドが真下だと風が当たったり、風水的にもあまりよくありません。

 

ですので風水はそこまで気にしない人は大丈夫ですが、エアコンの真下にベッドがある場合は風向きを調節して直接風が当たらないようにしましょう。

 

またエアコンの真下にベッドがあっても、落下事故はそうそう起きるものはありません。

 

もし部屋のスペースに余裕があるのならベッドはエアコンの風が直接当たらず、壁からも少し離して配置した方が良いでしょう。

 

うまくベッドとエアコンを配置して快適に部屋で過ごせるようにしくてださいね。

スポンサーリンク