この記事は約 4 分で読めます

この記事の最終更新日は 2017年9月23日 です。現在は状況が異なる場合がありますので予めご了承ください

 

上司の妻
上司の妻
旦那の会社の部下からお歳暮が届きました。
でも、これってお返し必要なの?

 

お返し出さないのも失礼なような気がしますけど…

 

 

突然のお歳暮って一瞬、どうすればいいのか迷いますよね?

 

個人間ならば同等の価格の品物をお返しとして送ったりすることもありますが、これが会社の部下となるとどうしたらよいのか迷うのもわかります。

 

日本人ってマナーとか、うるさいから失礼のないように対応したいですよね。

 

どうしたら失礼のないようにスマートに対応できるのか…

会社の部下にお歳暮を頂いたとき、妻としてどうすればいいのか。

 

良き妻として失礼のないように対応する方法を考えてみましょう。

 

スポンサーリンク

お歳暮のお返しを部下に出すのか、出さないのか。

 

まず、基本的にお歳暮というものは目下の人から目上の人への感謝を込めての贈り物であるということを忘れてはなりません。

 

「感謝を込めての贈り物」です。

「お祝いの贈り物」ではありません。

 

ここ重要ですから覚えておきましょう!

 

感謝を込めての贈り物に対して、品物でお返しとか変でしょう?
お返しとして品物で送られてきたら逆に相手は「あれ?なんで?」ってなりますよ(-_-;)

 

親戚関係とか知り合いとか同等の立場の間柄だとお返しに品物を…というのは地域によってあるようですけどね。

基本的にはお歳暮のお返しは必要ありません。

 

で、会社の部下からのお歳暮頂いた場合ですけど、お返しは必要ないです。
出さなくていいです。

 

出さないと失礼に当たるんじゃないかと思う人もいるかもしれませんが、必要ありません。

何度も言うように、お歳暮は目下の人から目上の人への感謝の贈り物ですから。

 

お歳暮のお返しはいらない。その理由は?

 

日本人のしきたりって面倒ですよね?
こういうことって学校で教えてくれないので、こういう状況に直面した時に焦りますよね?

 

海外みたいにオープンな対応をできればいいのですが、日本に住んでいるなら覚えておかないと恥をかきますからね。

 

僕

だいたいにしてお歳暮とかお中元なんて日本独自のしきたりだしね。

日本って自分の立場やお歳暮を贈ってきた相手に対して、いろいろ対応が異なるので迷っちゃいますよね?

 

 

でも会社の部下からのお歳暮にはお返しがいらないってわかって、ちょっとホッとしていませんか?

 

じつは上司からお歳暮のお返しをあえてするという状況もあるんですよね~( ;´Д`)

 

お礼状じゃなくて品物としてお返しを上司から贈るということは、何かしらのサインなので覚えておいた方がいいです。

 

「今後はお歳暮いらないよ!気を使わなくていいからね」

って、意味で部下からのお歳暮のお返しをこちらも品物で贈るのです。

 

お歳暮の品物の金額が同等の品、もしくはそれ以上高額な品物を部下に贈ると完全に今後はもういらないよ!のサインになります。

 

このお歳暮返しをされると部下は

「あ、上司は今回で最後ねって思っているのか・・」
と気づきます。

(今の若者は気付かないで来年またお歳暮贈る人もいるようですが)

 

だから、あなたがお歳暮は今後必要ありませんからね!と部下に暗黙のサインを投げかけたいならば、お返しとして品物を贈ればいいです。

 

でもその場合もお歳暮のお礼状は書かないと失礼になりますね。

 

スポンサーリンク

お歳暮のお返し お礼状の書き方は?

 

会社の部下さんに品物のお返しは必要ありませんが、お礼状は出しておきたいですね。

 

「電話やメールでいいんじゃない?」

なんて考えるかもしれませんが、お礼状が基本です。

 

良き妻と思われたいならばちゃんとお礼状を出しましょう。

宛先はもちろん、旦那さんの名前で手紙ではなくハガキで十分です。

 

「次の日会社で部下に直接会うので、その時にお礼を言っとくよ!」
と、旦那さんが言うかもしませんが、社内でお歳暮のお礼をいうのはどうかと思いますよ?

 

部下の人と完全に二人きりになれる場面があればいいですが、他の社員に会話を聞かれたりすると部下さんも嫌ですし、上司としても、なんかわざとらしい感じになるので良くないですよね。

 

めんどくさいと思うかもしれませんが、お礼状を出すのがおすすめですよ。

 

 

そしてわざわざ、お歳暮のお返しで今後はいらないですよ~ってサインを送っても気づかない若者も多いので、お礼状に「今後のお心遣いは必要ございません」と追記するのもありですよ。

 

部下や後輩へのお令状の文例は下記を参考にしてください。

そのまま使ってもいいですし、家族構成やお歳暮の品物の感想など入れるとリアリティーが出てよいと思いますよ。

 

部下・後輩へ歳暮の礼状文例

 

年の暮れもいよいよ押し迫ってきましたが、ご清栄のこと、なによりです。

 

さて、年末に際し心のこもった品物をお送り戴き誠に有難うございました。
細やかな心遣いに感謝申し上げます。
(家族の者も非常に喜んでおりました。)←家族がいるのであればこの文章も必要かも。

 

今年も仕事の上では厳しいこともありましたが、お互いによく頑張り抜いたと思います。本当にご苦労さまと申しあげます。

 

向寒の折、体に気をつけてください。
まずはとりあえずお礼まで。

 

平成○○年十二月○○日

 

○○○○(旦那さんの名前)

 

 

まとめてみると…

 

  • 会社の部下からのお歳暮のお返しは原則不要
  • 理由があって品物でお返しする場合もある
  • お礼状は出すべきである
  • お礼状はハガキで十分

 

どうでしたか?

悩みが晴れてスッキリしませんか?

 

スッキリとしたなら僕としても、記事を書いた甲斐があります(^^)/

 

お歳暮やお中元、日本のしきたり…
状況や立場によって、いろいろ立ち回り方が変わってくるので面倒です。

 

まずは会社の部下からお歳暮をいただいたら、どう対処すればいいのか理解してもらえたでしょうか。

 

参考にしてもらえれば幸いです。
ありがとうございましたm(__)m

スポンサーリンク