この記事は約 6 分で読めます

 

女性限定シェアハウスに入居して1年経過しました。

 

初めてシェアハウスに入居しようと思っているなら必読です!

入居して分かったシェアハウスの実体験と契約前での見学の注意点と選ぶときのポイントをまとめています。

 

シェアハウス内見ではここを見ろ!です(^^)v

スポンサーリンク

シェアハウスは見学して決めよう!注意点はここ

シェアハウスに入居するときは見学した方がいいですね。

私は地方から東京のシェアハウスに引越ししたので見学しませんでした。

 

管理人さんから見学をすすめられましたが、見学のためだけに上京するのもお金がもったいないのでシェアハウスの検索サイトの画像だけで決めました。

 

建物の外観から玄関、共有スペース、部屋の内部、お風呂など細かく画像としては20点ほど掲載されていたので見学する必要もないかなと感じました。

 

近くだったら見学に行くと思うけど遠いと厳しいです。

 

それに管理人さんがぜひ見学を!と勧めてくれたのでよほど自信があるんだろうなと(^-^)

中が汚かったら見学されたくないでしょうから。

 

ところでシェアハウスはどこで探しますか?
私はオークハウスゲストハウスバンクで探しましたよ。

 

この二つの検索サイトは写真が大きくて綺麗で見やすいのでおすすめです。

 

で、見学するときの注意点としては

 

  • 立地環境
  • 玄関が乱雑じゃないか
  • 共有スペースの使いやすさ汚れていないか

 

をチェックしましょう!

 

立地環境を見る

コンビニは近くにあるのか、スーパーはあるか?スーパーがあるのなら営業時間は何時から何時までなのか。

 

銀行やバス停、電車駅まで徒歩何分かかるのか実際に歩いて確かめましょう。「徒歩10分」となっていても実際に歩いたら徒歩15分以上かかるとかありますよ。

 

またシェアハウス近辺の環境はどうなのかもチェックしましょう。

女性ならば夜に帰宅することも視野に入れて街灯の有無、危険な怪しい建物が無いかチェックですね。

 

玄関が乱雑じゃないかチェック

玄関に靴が乱雑に置かれていないか、ちゃんと下駄箱に片づけられているのか見学しましょう。

 

自分の靴を片づけられないような人が住んでいるシェアハウスはちょっとパスですね。トラブルの元です。

 

また、壊れた捨てるような傘とか放置されているのも要注意ですね。
管理が行き届いていない証拠です。

 

共有スペースが汚れていないか

共有スペースが汚れていないか、使いやすさなどもチェックしましょう。

 

洗濯機は無料なのか乾燥機は設置されているか。何台あるのか。使用時間制限あるのか。
お風呂は何個あるのか、シャワールームのみなのか。

 

キッチンやトイレは綺麗に使われているのか。トイレは何個あるのか。汚くないか。

 

共有スペースは汚れていないか。

キッチンの三角コーナーや排水溝の蓋を開けて汚れていないか。

 

リビングはあるのか?広さも確認。

 

シェアハウスを選ぶポイントをまとめました。

設備の見学するときの注意点は上にまとめましたが、今度はさらに絞り込んで選ぶポイントです。

 

  • 入居する人数が多くないか
  • 空き部屋が多くないか
  • リビングが広すぎないか
  • 乾燥機は無料か有料か
  • 管理人は常駐かもしくは近所に住んでいるか
  • シェアハウスのルールは厳格か

 

選ぶポイントとしてはこの6つをチェックですね。

それでは一つずつ見ていきましょう。

 

入居する人数が多くないか

一軒家のシェアハウスだったら10人が限界です。
一階に5人、二階に5人が限界ですね。

 

それ以上多いと窮屈でしょうがないと思います。

洗濯機やお風呂の時間などピーク時は混雑してトラブルに発展します。

 

そして人数に対しての洗濯機の数やトイレの数も重要ですね。

だいたい5人でトイレや洗濯機が一つというのがシェアハウスに多いパターンですよね。

 

空き部屋が多くないか

空き部屋が多いということは何かしらの原因があるようです。
特に家賃がそんなに高くもないのに空き部屋が半分近くなるような物件は要注意ですね。

 

実際に住んでみないと何で空き部屋が多いのかどうか判別できませんが、住人に自己中な人がいるとか癖の強い人がいるなど、何か問題があるかもしれません。

 

空き部屋が多いシェアハウスはパスした方がいいでしょうね。

 

リビングが広すぎないか

リビングが広すぎるとたまり場になる可能性が大です。
毎晩どんちゃん騒ぎされたら迷惑でしかないです。

 

それにリビングに何時間も居座られるのも迷惑ですよ。自分の部屋にいないでリビングにいる方が多いとか想像しただけでもヤバいです。

 

大型テレビがリビングにあるとその傾向が高いですからテレビの有無もチェックですね。あとは柔らかい大きなソファがあるとか。

 

テーブルに椅子だとそんなに長居できないですよね、心境的に。

スポンサーリンク

乾燥機は無料か?有料か?

乾燥機が無料だと何でもかんでもいろんなものを乾燥機にかけたがる住人が出てきます。

 

洗濯機は無料のシェアハウスが多いだろうけど、乾燥機までも無料だとなかなか空きませんよ?シーツとか靴とかなんでも乾燥機を使いたがる住人が出てくるとストレスです。

 

使いたくてもずーっと無料だから使われることになります。

そんな住人いるわけないと思っているかもしれませんが、いるんですよ。

 

管理人は常駐かもしくは近所に住んでいるか

これ大事です。
管理人常駐だといろんな意味で助かります。

 

無茶なことをする住人は出てきません。

常に管理人さんの眼が光っているわけですからね。

 

あまりにも管理人さんの監視が厳しいというのも困ったものですが、ある程度の監視は良いと思います。

 

管理人さんがいないシェアハウスだとモラルも何もないですからね。

それはそれですごいストレスになると思います。

 

シェアハウスのルールは厳格か

ルールは厳格な方がいいでしょうね。

うちのシェアハウスだとルールを守れない住人は有無を言わせずに退去させられます。

 

例えば、共有スペースの使用時間制限、友達を部屋に招き入れる人数や許可制、WIFI使用機器の制限(一人一回線)、私物の盗難、共有スペースの備品盗難(洗剤、サランラップ等)などルールは厳格になっています。

 

まぁー一般常識のモラルというかマナーなんですけどね。

 

それでも強制退去していく住人がいないというのは平和なシェアハウス、選び方がよかったシェアハウスなんだと思いますけれどもね。

 

実際に住んでみた分かったシェアハウスのメリットとデメリットを別ページに書きました。契約前に読んでいた方がいいです。

 

→シェアハウスのぶっちゃけメリットデメリットの記事へのリンク

 

実際に住んでみた感想なのでリアルな体験談ですよね。

 

まとめてみると…

  • できれば契約前に見学した方がいい
  • 見学ではシェアハウス内外が汚れていないか見る
  • ルールが厳格なシェアハウスがベスト

 

契約前にシェアハウスのルールが厳しいので、なんかめんどくさいなと感じていましたが、ルールが厳格なのでお互いにストレスを感じない生活ができています。

 

管理人がいないなど運営会社がシェアハウスを建ててあとは放置しているようなところは避けた方がいいです。そういうシェアハウスはトラブルの元です。
だから空き部屋数のチェックが必要です。

 

また管理人常駐となっていても、実際は住人が当番制で順番に管理人を名乗っている場合もあるので、ちゃんと管理人さんがいるのか、常駐しているのか確認しましょう。

 

ちなみに友達は足立区の新築一軒家のシェアハウスに住んで1年ですが、管理人はいないしリビングもない、シャワーのみなので帰って寝るだけの場所になっています。

 

たまにこちらのシェアハウスに泊りに来ますが、「こっちはお風呂もあってリビングもあっていいなぁ~」といいます。気軽に住人同士が会話していることに驚いていました。

住人同士がギスギスしているシェアハウスって苦痛だろうなと感じています。

 

空きが出たらこちらのシェアハウスに引越ししたいらしいけど、あいにく出ていく住人がいないのです(;^ω^)

スポンサーリンク