梅雨の時期

 

季節はもう春になり、すぐに夏が訪れます。

しかし夏の前にあるのが嫌ーな梅雨ですね。

 

梅雨はジメジメとした日が続き、洗濯物は乾かず髪の毛もモサモサになってしまうので、梅雨は嫌いという人も多いのではないでしょうか?

 

しかし、梅雨ですが例年東京の場合は6月ぐらいのイメージですが、2020年の梅雨いり予想はどのくらいに出るのでしょうか?

 

また梅雨いり予想だけでなく、梅雨明け宣言などもいつになるか気になりますよね。

 

ここでは2020年の梅雨いり予想がいつになるかを予想していきたいと思います。

スポンサーリンク

もくじ

閉じる

梅雨いり予想2020年はいつ頃発表するの?

梅雨いり予想ですが、公式的なアナウンスは気象庁が出しています。

 

ですが、梅雨入り予想自体は気象会社が早めに出していることがあり、4月頃には大まかな梅雨いり予想2020年が出ることがあります。

 

調べてみたところ、梅雨いり予想は2020年の4月現在ですでに出ていました( ゚Д゚)

 

早めに梅雨いり予想が知りたい方はそのような気象会社の情報を見ておくと良いかもしれませんね。

 

ただ梅雨は地域によって異なりますよね。北海道みたいに梅雨自体がない地域もありますし。。

 

 

また梅雨いりと同時に気になるのが梅雨明けです。個人的には梅雨入りよりも梅雨明けのほうが気になります('_')

 

早くカラッと晴れてほしいですからね。

 

梅雨明けの宣言は例年いつ頃出るかなども合わせて解説していきます。

 

梅雨入りを予想 東京の場合は何日かな?

ではそのような発表をもとに東京の梅雨入りを予想してみましょう。

 

東京の梅雨入りですが2019年の場合は6月7日頃という気象庁の公式のアナウンスになっています。

 

どうしてこのように、「頃」というあいまいな表現になっているかというと、梅雨というのは宣言が難しく、梅雨入り宣言をしたところで天気が晴れてしまって修正をされることがあります。

 

そうなると天気によって動く職業の人が迷惑を受けることから、実は今は梅雨入り宣言はされていません。左官業とか建設業など天気の状況を見て社員の休みを調節していますからね。

 

あくまで梅雨入り予報としていて、梅雨入りをアナウンスする際にも「〜日に梅雨入りするとみられます。」のような曖昧な表現になっています。

 

さて、2020年の梅雨入り予想ですが、気象会社の予想によると関東は前年より少し遅めになると予想をされています。

 

ですので、去年が6月7日頃でしたので、2020年は6月10日頃に梅雨入りの予想がされています。

 

そしてあくまでもこれは予想ですので、確実ではないことは承知をしておいてくださいね('◇')ゞ

 

スポンサーリンク

梅雨明け宣言は例年いつ出すことが多い?

梅雨入りと同じくらい気になるのが梅雨明け宣言ですよね。

 

こちらも梅雨明けをしたと思ったら、まだまだ雨が降るなんてこともあるので、今では梅雨明け宣言ではなく、あくまで梅雨明け予報のように言われます。

 

梅雨明けですが、前年は7月24日頃まで梅雨の期間とされていました。

 

ですので梅雨明け宣言ないし梅雨明け予報は、リアルタイムだとその前の週のあたりに出されることが多いです。

 

しかし、2020年の梅雨の予想としては、前年よりは少し長いと予想されています。

 

梅雨明け宣言や予報は例年だと7月中旬に出されますが、2020年の場合梅雨が長引いて7月後半に出される可能性が高いと思います。

 

繰り返しますが、こちらもあくまで予想となります。

 

なので大体の目安として、梅雨明けを待つようにしましょう。

 

そのほかにも気象会社の予想によると、2020年の梅雨は雨量が多く強い雨の日が多い可能性が高いそうです。

 

まとまった雨が降るのは農家の方には嬉しいかもしれませんが、災害レベルになると困りますね。

 

近年異常気象も本当に多く、突然の災害を被ることもあります。

 

せっかく前もって梅雨の時期を調べられるのなら、しっかり準備をしておきたいですよね。

 

まとめ

梅雨入り予想ですが、気象会社によっては、かなり早めに知ることができます。

 

これらの情報は仕事によってはとても重要ですね。

 

ぜひ梅雨はしっかり準備をした上で乗り切って、梅雨明け、そして夏を大いに楽しみたいですよね!

スポンサーリンク