グランピング 静岡 大人数

 

今グランピングが流行っていますよね。

 

グランピングはキャンプだけど、キャンプのめんどくさいところを排除したリッチなキャンプとして初心者やファミリーに人気があります。

 

またコテージなどを貸し切ることもできるので、大人数で宿泊することもできます。

 

ここでは静岡のグランピング施設で大人数で宿泊できる場所や料金相場、実際に大人数でグランピングしたときの口コミについて解説をしていきたいと思います。

スポンサーリンク

もくじ

閉じる

グランピング静岡で大人数で宿泊できる場所は…

静岡のグランピング施設で大人数で宿泊できる場所を紹介します。

 

アクアヴィレッジ、レンヴィレッジ

アクアヴィレッジ

 

こちらは西伊豆にあるキャンプ場です。

どちらも同じ会社が運営をしており、近くにあります。

 

アクアヴィレッジ
住所 〒410-3515 静岡県賀茂郡西伊豆町

 

    アクセス
  • 車だと東名高速東京インターチェンジ(60分)→沼津IC→国道136号で修善寺(35分)→さらに国道136号で西伊豆田子漁港(65分)→船(10分)
  • 電車だと東京駅→東海道新幹線で三島駅(60分)→伊豆箱根鉄道・駿豆線で修善寺駅(35分)→西伊豆東海バスで田子バス停(80分)→徒歩で西伊豆田子漁港(1分)→船(10分)

 

 

アクアヴィレッジは大人の冒険をテーマに海と自然が溢れてた区画でキャンプを楽しめます。

 

そして近くにあるレンヴィレッジは大人の秘密基地をテーマにしており、のんびり海を見ながら楽しむことができます。

 

こちらはテントやタープ、調理器具はレンタル可能でトイレやお風呂もあります。

 

そしてケータリングで食材を注文することもできるので、不自由なくグランピングを楽しむことができます。

 

そしてこちらのグランピングの最大の特徴は貸切のみの利用で場所は船でしか入ることができません。

 

無人島を感じさせるプライベートな空間でアウトドアを楽しむことができて、利用は最小人数6名からで、なんと100人まで利用可能です。

 

100人以上は要相談になるのですが、それでも十分すごいですね…

 

こちらは会社のイベントだったり、サークルでも利用できるので大人数で思い出を作る際にはとてもオススメのグランピング施設になっています。

 

公式の動画もあるので参考までにどうぞ↓

 

 

大人数でのグランピング料金と相場は?

グランピングの場合ですが、料金は基本的には少し高めになっています。

 

リッチなキャンプということでそればっかりはしょうがないのですが、1泊2日で食事付きの場合1万5000円から2万円程度が相場になっております。

 

上記のアクアヴィレッジ、レンヴィレッジも少人数の場合は基本料金は1万6000円となっています。

 

これにオプションなどが追加されていくことになります。

 

ただ大人数での予約をする場合ですが、基本的に人数が多くなればなるほど料金も安くなっていきます。

 

アクアヴィレッジ、レンヴィレッジでも団体割引が可能ですし、他のグランピング施設でも人数が多いほうが一人当たりの料金は安くなります。

 

コテージを大人数で1棟貸し切るなどの使い方の場合、一人当たりの料金としては1万円を切ることもあるので断然お得ですね。

 

スポンサーリンク

 

グランピング静岡 大人数の口コミ情報

グランピングの特徴としてはプライベート空間がしっかり分けられていることにあります。

 

そしてそれが大人数になると、さらに区画を貸し切ることができます。

 

そうなると口コミとしても、「誰にも邪魔をされないでよかった!」や「周りを気にせずに盛り上がってよかった!」などの声が多く見られます。

 

 

 

グランピングはバーベキューなどの食事もついており、ベッドなどでゆっくり休むこともできます。

 

ですので、「都会の喧騒を忘れることができた!」や「リラックスをして非日常体験ができた!」などの口コミもあります。

 

またキャンプ初心者だけど、「不自由なく楽しめた!」といった口コミもありました。

 

グランピングは少人数でも楽しいですが、大人数になればより安く楽しむことができます。

 

ぜひ気になる方はグランピングを体験してみてくださいね。

 

まとめ

静岡など東海地方にはグランピング施設がたくさんあり、大人数で楽しめる場所も多くあります。

 

そして大人数になればなるほど1人あたりの料金も安くなり、お得に楽しむことができます。

 

グランピングは初心者でも安心してアウトドアを楽しむことができます。

 

ぜひ、興味ある方は静岡に限らずグランピングに行ってみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク