袱紗 結婚式 必要

 

結婚式で幸せに包まれたカップルを見るのはこちらも幸せになりますし、懐かしい友人に会えて昔話に大いに盛り上がるでしょう。

 

しかし、親しい友人での結婚式でも、やはりそれはしっかりとした式です。

マナーには気をつけなければ行けません。

 

特に気をつけたいのが、ふくさ(袱紗)の使い方です。

 

そもそもふくさって必要でしょうか?

 

ここではそんなふくさについて解説をしたいと思います。

スポンサーリンク

もくじ

閉じる

ふくさ(袱紗)は結婚式に必要なのか

ふくさですが、結婚式には必要なのかということですが、正直なくても大丈夫ですが、「ある」にこしたことはありません。

 

そもそもふくさとは一体何なのでしょうか?

 

ふくさとは結婚式の場合はご祝儀、葬式の老婆は香典などを包むための入れ物のようなものです。

 

ふくさにもタイプがあり、風呂敷のように包むタイプのものや布のケースになっているものもあります。

 

ふくさはご祝儀や香典などをカバンに入れておく際に、折り曲がるのを防ぐという役目があります。

 

また、ご祝儀などを直接渡すのも少しそのまんま過ぎますから、ふくさに入れた状態でカバンから取り出し、相手に渡すことで心配りにもなります。

 

名刺ケースの使用用途にも似ていますね。

 

ふくさにはシチュエーションに合わせたオシャレなものやシックなものなど種類もあります。

 

必ずしも必要というわけでもないですが、よりスマートにご祝儀などを渡せてオシャレに使うこともできるので持っておいて損はないでしょう。

 

ふくさはどこで売ってる?

ふくさですが一体どこで売っているのですが、身近に売っているところは多いです。

 

100円ショップや雑貨屋に売っていることもありますし、近くに葬儀場や結婚式場が近くにある場合はコンビニにも売っていることがあります。

 

ただ確実に売っているところと言うと、礼服を売っている場所には置いてあります。

 

また珍しいデザインのふくさが欲しい場合などはネットで調べてみるのも良いでしょう。

 

created by Rinker
大興産業
¥2,352 (2020/10/27 09:27:51時点 Amazon調べ-詳細)

 

ネットでももちろんふくさは買うこともできますし、可愛くデザインされたものや黒い物などその場に合わせたふくさを揃えることができます。

 

良いデザインのものは御主義や香典以外にも普段使いもできそうですし、お気に入りのものを買っておくのもよいでしょう。

 

スポンサーリンク

 

ふくさの代用品はこれ

そんなふくさですが、手元にない場合、代用品として使えるものは何なのでしょうか?

 

結論としてはハンカチや風呂敷がオススメです。

 

ふくさといっても包むタイプの場合は、ハンカチとそう大差がありません。

 

ですので、ふくさの代わりにハンカチでくるんでふくさの代用品とすることには問題はありません。

 

ハンカチでしたら手元にもありますし、万が一手元にない場合でもすぐに揃えることができます。

 

ただ、ハンカチを使う際にはフリルがついていたり、あまり華美になり過ぎないものを使うようにしてくださいね。

 

もう一つ代用できるのが風呂敷です。

 

風呂敷は風呂敷でなかなか手元にはないかもしれませんが、ふくさとして代用することは十分可能です。

 

しかし、風呂敷の場合はサイズが大きくなってしまうので、そのままふくさを使うと膨れてしまって不恰好になってしまうかもしれません。

 

もし、風呂敷を使う場合は小さめの風呂敷を使うようにしてください。

 

ふくさがない時でもうまく代用品を使って、スマートに祝儀や香典を渡すようにしてくださいね。

 

まとめ

ふくさはあってもなくても大丈夫ですが、祝儀や香典を渡す際の心遣いになりますので、やはりないよりはあった方がいいでしょう。

 

また、ふくさが手元にない場合はハンカチや風呂敷で代用をすることもできます。

 

うまくふくさや代用品を使うことで相手への心配りをし、その上で式を楽しむようにしてくださいね。

スポンサーリンク