プリンターの印刷面 どっち

 

プリンターを使っていて迷ってしまいがちなのが印刷面です。

 

エプソンやキャノン、ブラザーなど主要なプリンターの場合、印刷面はどれも裏側になっています。

 

実際にプリンターの前に立つと印刷面って表面のように感じますが、主だったメーカーすべて裏側に印刷されます。

 

ではそれらを詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

もくじ

閉じる

プリンター印刷面はどっち?エプソンの場合

エプソンは国内のメーカーの中でもシェア2位を誇り、人気のプリンターメーカーですね。

 

エプソンのプリンターはランニングコストも低く、職場でも多く使われていることでしょう。

 

そんなエプソンのプリンターの印刷面ですが、手差しの場合、用紙をセットしたらプリンターは裏面に印刷をされます。

 

ですので、裏表のない紙に印刷をする場合は気にする必要はないかもしれませんが、光沢紙など裏表があるものを印刷する場合は、印刷面を裏にしてセットするようにしましょう。

 

エプソンに限らずプリンターの多くは正しく紙をセットしないと紙詰まりを起こします。

 

なのでプリンターに紙をセットする際にはしっかりとプリンターの仕様にあったものにするようにしましょう。

 

またハガキなど両面印刷をする場合ですが、ハガキを使うインクの量が多いので、片面印刷後すぐに印刷をすると反りによって紙詰まりを起こす可能性があります。

 

なので、片面印刷後はしばらく放置をしてハガキが乾いてから印刷をするようにしましょう。

 

プリンターは経験があると思いますが、紙詰まりを起こすと戻すのが結構めんどくさいです。

 

しっかりと正しい使い方をして、壊さないようにしてくださいね。

 

プリンター印刷面はどっち?canon製品の場合

続いて紹介をするのがcanonのプリンターです。

 

canonは国内でシェア3位、そして世界でもシェア2位を誇る日本トップクラスのメーカですね。プリンター以外にもカメラや医療機器も作っていますね。

 

そんなcanonもプリンターの印刷面は裏面になります。

 

なのでエプソンと同様に裏表がある紙の場合、印刷面を裏面にしてセットするようにしましょう。

 

基本的に紙を仕様する場合は、canonに限らず純正の紙を使用した方がスムーズに印刷ができます。

 

互換品のものは純正品に比べたら安いですが、正しく稼働するかは不明瞭であり、プリンターの故障の原因にもなります。

 

安い互換品を使った結果、プリンターがうまく作動しないこともあり安物買いの銭失いになることがあるので注意をしましょう。

 

スポンサーリンク

プリンターの印刷面どっち?Brotherの場合

最後に紹介するのはBrotherのプリンターです。

Brotherは国内では3番手に位置するメーカーですが、近年人気が高まっていますね。

 

そんなBrotherですが、こちらも印刷面を裏側にして用紙をセットするようにしましょう。

 

なので光沢紙の場合は、光沢面を裏側にしてセットするようにしてください。またその際ですが、用紙を多少多めに入れたほうがスムーズに印刷がされます。

 

このようにプリンターは基本的には印刷面は裏面にされます。

 

ですので裏表がある紙を印刷する場合には間違いないように気をつけてください。

 

もし心配な場合は一度に全部印刷するのではなく、試し刷りをした上で印刷をするなど間違えないように注意しましょう。

 

プリンターは正しく使って、紙づまりや故障がないようにしてくださいね。

 

まとめ

主要メーカーのプリンターの場合、印刷面は裏面にされます。

 

なので、裏表がある紙を印刷する場合は、印刷したい面を裏面にして印刷をするよにしましょう。

 

プリンターは正しく使わないと紙詰まりや故障の原因になります。

 

プリンターの紙詰まりは直すのもめんどくさいですし、インクも勿体無いので、正しく紙をセットすることを心がけましょう。

 

そして大切にプリンターを使うようにしくてくださいね。

スポンサーリンク