洗顔した後の女性

 

ビオレ洗顔ジェルはパッケージが緑の「なめらか」とピンクの「やわらか」の2種類あります。

 

どちらがいいかと言うと、個人個人の肌質や目的によるので完全に比較はできません。

 

緑だと主に「肌の角栓をとるため」、ピンクだと「肌の保湿をするため」に使用すると納得の効果が得られますね。

 

さらに詳しくビオレ洗顔ジェルの使用例や使ってみた口コミ情報をまとめてみました。

スポンサーリンク

もくじ

閉じる

ビオレ洗顔ジェルどっちがおすすめ?どっちがいいの?

ビオレ洗顔ジェルは2種類展開しています。

 

緑のパッケージとなっている「なめらか」とピンクのパッケージとなっている「やわらか」です。

 

この2つですが用途が違うので、どちらがおすすめというよりは自分の目的に合わせて使い分けましょう。

 

なめらかの場合は主に肌の角栓を取るために使います。

 

ですので肌の黒ずみが気になったり、ザラザラとした肌触りが気になる場合に使うと良いでしょう。

 

なめらかタイプを使うことでそれらの角栓を取り除き、なめらかもっちりの肌を手に入れることができます。

 

やわらかの場合は肌の保湿をするために使われます。

 

肌がカサカサしたり、洗顔後に顔が突っ張ったりした時に使うことで、やわらかで潤いある肌になります。

 

このようにビオレ洗顔ジェルはそれぞれ用途があります。

 

もちろん自分の肌質によっても効き目は多少変わってくるので、自分の肌質や目的によって使い分けるようにしてくださいね。

 

ビオレ洗顔ジェルの使うおすすめの順番

ビオレ洗顔ジェルの使う順番を解説していきます。

 

ビオレ洗顔ジェルですが、基本的に洗顔ジェルとあるように洗顔の代わりに使えばOKです。

 

クレンジングでメイクを落としたら、その後に500円玉ほどビオレ洗顔ジェルに手にとりよく肌に馴染ませればOKです。

 

なめらか、やわらかタイプどちらも同じ使い方で構いません。

 

ただし、ビオレ洗顔ジェルの場合は角栓や毛穴の汚れへの効果が大きいので、お風呂場などより毛穴が開く場所やお風呂上がりに使った方がより効果的です。

 

ただこのように肌に効果的なビオレ洗顔ジェルですが、使いすぎはよくありません。

 

1日1回を目安にして肌に負担がかからないように使ってくださいね。

 

スポンサーリンク

ビオレ洗顔ジェル2種類の口コミ

ビオレ洗顔ジェル2種類それぞれの口コミを見ていきましょう。

 

なめらかタイプの口コミ

 

角栓や黒ずみの肌のざらつきがなくなった

 

洗顔後に顔がツルツルとなった

 

効果が感じられたが使用後に肌がヒリヒリとした

 

使用後に肌がより乾燥するようになってしまった

 

なめらかタイプですが確かに用途にもあるように角栓や黒ずみを落としてくれてツルツルの肌になったという口コミがありました。

 

ただその分肌がヒリヒリとしたり、より乾燥するようになったなどマイナスの口コミも見られました。

 

こちらは肌の質は人それぞれですのでしょうがないですね。

 

やわらかタイプの口コミ

 

肌がモチっとして化粧のりがよくなった

 

肌がもちもちとして化粧水がよく浸透するようになった

 

なめらかより刺激が少なくてこちらの方が使いやすかった

 

角栓はなめらかの方が落ちやすいと感じた

 

なめらかの方がどちらかと言えば刺激が弱く、肌には優しいようですね。

 

しかしその分、汚れを落とすという面ではなめらかの方が良さそうです。

 

このように口コミによっても人それぞれですので、どちらが自分に合うかぜひ使って判断をしてみてくださいね。

 

まとめ

ビオレ洗顔ジェルは緑のパッケージの「なめらか」とピンクのパッケージの「やわらか」があり、用途が違います。

 

ですのでどっちというよりは自分にあった方を使う方が良いでしょう。

 

そして使い過ぎは避け、用法用量を守るようにしてください。

 

ビオレ洗顔ジェルをうまく使って、スキンケアライフをより充実させてくださいね。

スポンサーリンク