大学志望理由書 800文字

 

大学に推薦入試であったり、AO入試で入る場合、大抵の場合志望理由書を書く必要があります。

 

やはり推薦などで入る場合には大学で何をやりたいかなど熱意をしっかり伝える必要あり、この志望理由書が大事なアピールになりますね。

 

大学の志望理由書ですが、どのような書き方をすればいいのか、あなたは即答できますか?

 

結論から言えば、PREP法という構文に沿って志望理由書を書くことをおすすめします。

 

「PREP法ってなんぞや?」

 

って感じた人は続きをどうぞ!

 

また、大学の志望理由書で経済学部や法学部について解説をしたいと思います。

スポンサーリンク

もくじ

閉じる

大学志望理由書の例文800字と書き方

大学志望理由書ですが、多くは800字程度や800文字以内となっています。

 

その場合、800字以内といっても、9割である720字以上は大学志望理由書を書く必要があります。

 

しかし、いきなり大学志望理由書を書けと言ってもどのように書けばいいかもわかりませんよね。

 

大学志望理由書ですが、おすすめとしてはPREP法になります。

 

PREP法とは、Point、Reason、Example、Pointの頭文字をとったものであり、この構文に沿って大学志望理由書を書くことで簡潔に思いを伝えることができます。

 

内訳としては

 

Point 100字

ここで、どうしてその大学に入りたいかの結論を言っています。

 

例でいうと、「私が貴学に入りたい理由としては〜〜です。」のような感じですね。

 

Reason 300字

続いて上記の理由の説明ですね。

 

入りたいと思った理由やきっかけなどを書いていくと良いでしょう。

 

Example 300字

ここで理由の具体例を追加します。

 

例えば大学に入ってどのようなことをし、将来的には〜〜のような仕事に就きたいや社会貢献をしたいなど、将来的な夢を入れるのも良いでしょう。

 

そして志望大学にはその環境が整っていることを伝えるとより深みが出ますね。

 

Point 100字

そして最後にこれらをまとめます。

 

例文としては、「このような理由から貴学を志望して夢を実現したいと思っています。」のような感じですね。

 

このPREP法に合わせれば自然と800字程度の大学志望理由書になりますよ。

 

大学志望理由書の書き方800字例文・経済学部の場合

大学志望理由書の書き方ですが経済学部の場合はどうなるのでしょうか?

 

経済学部でしたら、将来的には会計士や銀行員、税理士などを目指す人が多いですね。そのような将来の夢を絡めて書くと良いでしょう。

 

そして大学のパンフレットを熟読をしてその大学の特色と絡めて書くようにしましょう。

 

例えば、

 

私は経済活動に興味があります。

 

貴学の経済学部では世界の経済活動の研究が盛んであり、留学制度や特色のあるゼミに魅力を感じました。

 

またオープンキャンパスにも訪れてみて、和気藹々とした雰囲気や四季の感じられる学内でキャンパスライプを送ってみたいと思いました。

 

そして将来的には貴学で学んだことを生かして、世界的な経済アナリストを目指したいです。

 

のような感じですね。

 

スポンサーリンク

大学志望理由書の書き方800字例文・法学部の場合

大学で法学部に入りたい場合、やはり将来的なには法律関係の仕事に就きたいと思うことが多いですよね。

 

大学志望理由書を書く際にもそのようなことを絡めて書けば良いです。

 

例えば

 

私は昨今の報道の中で法律について興味を持ちました。

 

貴学の法学部では法律基礎科目や、ゼミでの法律演習など、法律についてより詳しく学ぶことができます。

 

加えて法科大学院や法廷教室なども併設されているので、将来的に法の道に進む際にスムーズに自己のレベルアップをすることができます。

 

そして将来的には貴学で学んだことを生かして法曹の道に進みたいと思っています。

 

などと言った感じですね。

 

まとめ

大学志望理由書ですがPREP法という構文に合わせることで、簡潔に自分の意思を伝えることができます。

 

そしてさらに自分の夢やビジョン、経験などを肉付けするとより良い大学志望理由書になりますね。

 

そして大学志望理由書をうまく書いて、ぜひ志望校に合格をしてくださいね!

スポンサーリンク