回避型愛着障害の治し方

 

回避性愛着障害という言葉をご存知でしょうか?

 

回避性愛着障害とは、その名の通り、社会適応が着ないほどに愛着をもったり、親密な関係になるのを避ける障害のことを指します。

 

回避性愛着障害は子供に対して愛情を持てなかったり、男女のパートナーに対しても親密な関係になるのを防ぐなど、その症状は様々です。

 

この回避性愛着障害の治し方はあります。

 

ここでは回避性愛着障害の治し方や恋愛事情について解説をしていきたいと思います。

スポンサーリンク

もくじ

閉じる

回避性愛着障害の治し方・克服方法は?

回避性愛着障害ですが、他者に対しての愛情をあげることができなかったり、愛着を持たれることを避ける障害のことです。

 

人付き合いを極端に避けたり、社会的にストレスを受けやすいほか、自己を極端に卑下しやすく自傷行為などに発展する恐れもあります。

 

回避性愛着障害は幼少期の経験であったり、社会的な生活を送る上での経験によって誰しもがなる可能性があり、虐待や引きこもりなど社会問題になっています。

 

そんな回避性愛着障害ですが治し方や克服方法があります。

 

回避性愛着障害は社会問題になっている反面、サポートをしてくれる期間もあり、回避性愛着障害を克服をしたり、うまく付き合いながら社会生活を送っている人は多くいます。

 

ではそのような方法を紹介していきましょう。

 

カウンセリングを受ける

回避性愛着障害を専門にサポートをしてくれるカウンセラーの方は多くいます。

 

回避性愛着障害に悩まれていたり、そのような不安がある方はまずは心療内科や精神科に通院をしましょう。

 

専門の知識を持った医師やカウンセラーが対応をしてくれます。

 

社会的なサポートを受ける

回避性愛着障害によって働けないという方はハローワークなどではカウンセリングやサポートを受けることができます。

 

その中で自分にあった仕事を一緒になって探してくれるはずです。

 

回避性愛着障害はカウンセリングを受けて、自分を見つめ直すことが克服方法の第一歩です。

 

ぜひ一人になって悩まないで、しかるべき機関にサポートをしてもらうようにしてくださいね。

 

回避性愛着障害の男性の特徴

回避性愛着障害ですが男性の特徴としてはどのようなものがあるのか解説をしていきます。

 

回避性愛着障害の男性の特徴としては以下のようなものがあります。

 

  • 自分の心中を明かさず、好意を寄せられてもそっけない態度を取りがち
  • 社交辞令や身の上話が苦手
  • 人に頼ることをしない
  • 無気力

 

基本的には他社との関係性を拒絶してしまう障害なため、孤独になりがちです。

 

そして決して「モテる」タイプの人間ではないので、恋愛にも奥手、その結果さらに回避性愛着障害が悪化するという悪循環に陥ることもあります。

 

やはり自分に自信を持つ、そして他社を受け入れるというのは社会においても恋愛においても重要です。

 

自分を見つめ直し、好かれる自分を目指していくことが大切になります。

 

スポンサーリンク

回避性愛着障害の女性のタイプ

回避性愛着障害ではどのような女性のタイプがいるのでしょうか?

 

基本的に女性でも回避性愛着障害だと上記のような男性の特徴とは変わりありません。

 

ただ女性の場合は結婚をして子供を産んでも自分の子が愛せないなどの悩みを持つことが多いです。

 

これは夫婦共々に言えることですが、子供愛せなく最悪の場合は虐待やネグレクトにつながる恐れもあります。

 

そういったことを避けるためにも自分をしっかり理解し、理解してもらえるパートナーを見つける必要があります。

 

まとめ

回避性愛着障害とは他社との関わりを極端に避ける障害のことであり、子供への虐待やストレスを抱えての自称行為にもつながる恐れがあります。

 

しかし、回避性愛着障害を持っていても社会で働いて、パートナーと共に生活をしている人もたくさんいます。

 

そのためにもカウンセリングやサポートを受けて自己を見つめ直し、回避性愛着障害を克服することが大切です。

 

回避性愛着障害と付き合いながらでも恋愛はできます。

 

自信を失わず、うまく社会生活を送りながら、良いパートナーと巡り会うようにしてくださいね。

スポンサーリンク