この記事は約 3 分で読めます

PVC(ポリ塩化ビニル)の劣化防止する方法~古くなる原因や対策について

私たちの生活の身近なアイテムといえばPVC(ポリ塩化ビニル)です。

 

pvcはポリ塩化ビニルのことを指し、おもちゃから衣類、工業製品まで様々なものにpvcは使われています。

 

しかし、そんなpvcですが劣化はします。

PVCのソファやシューズを持っていると色褪せとか気になりますよね?

 

ここではそんなpvcの劣化する原因や対策について解説をしていきます。

スポンサーリンク

もくじ

閉じる

pvc(ポリ塩化ビニル)劣化するものか?

私たちの周りにはたくさんのPVCアイテムがあります。

横を見ればすぐに発見できるでしょう。

 

安価で生産できるところから人気ですが、問題はやはり劣化してしまうことじゃないでしょうか?

 

pvcと言われるとあまりイメージがしにくいかもしれません。

 

pvcが使われたアイテムの例としてはビニールハウスの素材であったり、お風呂で遊ぶアヒルのおもちゃ、ソファそして塩ビパイプなどが挙げられます。

 

これらは軽くて非常に使いやすい素材ではあります。

 

ただ永遠使えるものではなく、経年劣化をしてしまうのは経験上分かりますよね。

なのでpvc製品を長く使うためにはしっかりと対策をすることが大切です。

 

pvcの劣化防止する対策はあるのか?

pvcですが劣化防止をするには対策があります。

 

pvcの劣化防止としては以下のような対策が挙げられます。

 

直射日光に当たらないようにする

pvcですが直射日光にも弱いです。

直射日光に長時間当たっていると、段々とpvcの素材が崩れていったり変色をしてしまいます。

 

なのでpvc製品を使う際には直射日光が当たらない場所に保管をするようにしましょう。

 

熱に近づけない

またpvcは熱にも弱いです。

pvcは塩化ビニルの略ですが、ビニールといえば熱に近づけたら溶けてしまいますよね。

 

pvcもこの例にもれず、熱を持ち過ぎたら溶けてしまいます。

 

pvc製のおもちゃを夏の車に長時間放置しておいたら溶けてしまったという事例もあります。pvcを劣化させないようにするためにはできるだけ熱には近づけ過ぎないようにしましょう。

 

このようにpvcを劣化させないようにする対策はいくつかあります。

ただpvcは安くて軽いというとても優れた製品です。

 

塩ビパイプやビニールハウスなど外で使っているものはこれらの対策が取れないことも多いです。

 

その場合は安いものということで劣化をするということを割り切って使うことも大切です。

 

劣化したら買い替えられるというのもpvcに大きなメリットの一つとなっています。

 

スポンサーリンク

pvcの劣化原因について

pvcですが劣化原因としては上記のように直射日光や熱などが挙げれます。

またその他にも風や経年など様々な要因で劣化をしてしまいます。

 

このような環境や気候での劣化を耐える力のことを耐候性と呼びます。

 

pvc自体はこの耐候性は非常に優れた製品に分類され、それゆえに多くの身近なアイテムや工業製品に使用をされています。

ただ素材である以上、劣化は必ずしてしまいます。

 

pvcの良い点としては劣化をしたとしても新たにリサイクルも可能となっています。

 

pvcで作られた工業製品を回収することで新たに工業製品をリサイクルするマテリアルリサイクルは近年大きな注目をされています。

 

以前はpvcは焼却炉の性能不足により、不完全燃焼によるダイオキシンが発生していましたが、近年の技術発達により十分なリサイクルが可能になりました。

 

ですのでpvcの環境による劣化原因はしょうがないものとして、新たにリサイクルを仕組みをぜひ活用をしたいですね。

 

まとめ

pvcはポリ塩化ビニルの略であり、私たちの身近な製品にたくさん使われています。

 

pvcは段々と劣化をしてしまいます。

 

劣化の対策としては直射日光に当てないや熱に近づけないなどがありますが、工業製品として使っているとこれらの対策が無理なことも多いです。

 

その場合は劣化して買い替えたらリサイクルをするのが良いです。

 

pvcはリサイクルも可能であり工業的なリサイクルであるマテリアルリサイクルは近年大きな注目を浴びています。

 

ぜひpvcは地球に優しく使うようにしてくださいね。

スポンサーリンク