この記事は約 4 分で読めます

この記事の最終更新日は 2017年11月21日 です。現在は状況が異なる場合がありますので予めご了承ください

 

子供も北海道札幌雪まつりに連れて行きたいと考えている親御さんも多いでしょう。

うちでも子どもが何歳だったか・・・4歳くらいのときに連れて行きました。

 

あんなに大きな雪像を見るのも初めてだろうし、あの寒さね((+_+))
寒いというか痛いあの感覚はいまだに語り草になっています。

 

札幌雪祭りに子連れで行くならおすすめの会場や対策をまとめているので参考にしてみてください。

ではでは行ってみましょう~

スポンサーリンク

札幌雪まつりに子連れで行くならどのコースがおすすめ?

 

夫婦二人やカップルの大人で札幌雪まつりを楽しむならコースは簡単です。

 

大通会場の大雪像を日中に見て回って、北海道の美味しいグルメを頂いて夜になったらライトアップやススキノで氷像を見て、帰りに一杯お酒でも飲んで帰るパターンだろうけどね(#^.^#)

 

でも、これが子連れだとちょっと無理なプランですよね。

うちでも子どもが4歳のときに連れて行きましたけど、結局は子供中心のプランになりましたからね。

大雪像を見ているときにすでに

 

こども
こども

「ねぇ~~滑り台はまだ?あっち?」
「大きな滑り台いつ行くの~」

 

としつこく聞いてきて大変でした(+o+)

 

最初に子供も楽しめる「つどーむ会場」の話をしたものだから、雪像なんか目に入らない状態です。あまりにもうるさいので1時間ちょっとだけ雪像を見てつどーむ会場に行きましたよ。

 

午後にまた大通りに戻ってランチして帰りにライトアップされた雪像をみればいいかと思ってました。でもね~これが大誤算でした…

 

つどーむで遊び疲れ寝てしまった子供を抱っこしながらライトアップを見る羽目に( ;∀;)

 

 

札幌雪まつり つどーむは子供は満足するのか?

 

札幌市スポーツ交流施設コミュニティドーム(通称つどーむ会場)は毎年2月初旬からと雪祭り開催前からやってるんですよね。

ちなみに札幌雪まつりは大通公園会場とすすきの会場、つどーむ会場の3会場で開催しています。

 

100メートルの滑り台やスノーラフトのほかにも大きな休憩所や飲食ブースまであるので、大人も休めるし滑り台も滑っている人もいました。

 

僕も滑り台とスノーラフトに何度もチャレンジしましたけどね((+_+))

ズボンは普通にデニムだったので途中からは寒くてやめましたけど…

 

まぁ子供は大はしゃぎです!
あんなに長くスピードの出る雪の滑り台なんて乗るの初めてだし、周りが子供だらけなのでテンション上がるのでしょう。
最後の方は全然知らないこどもと一緒にゴムボートに乗ってましたから。

 

子連れならつどーむは連れて行った方がいいですね。
これはこれで思い出になりますよ。
うちの子供はつどーむの遊び場がかなりおもしろかったようで、帰ろうといっても「あと一回」の連続で結局終わりの方まで遊んでましたよ。

つどーむの営業時間は9時から17時までです。

 

 

つどーむは子供が楽しめる会場か?

という質問があるとすれば子どもも大人も大いに楽しめる場所でしょう。

 

でも普通の服装じゃなく、スキーウェアなどちゃんとした防寒対策しないと寒いですよ。

 

関連記事

北海道 札幌雪祭りの服装どうする?子供はスキーウェア?靴は長靴?

 

大きな体育館が無料開放されているので、みんなそこで着替えます。
大人もしただけでもスキーウェア履けば濡れなくて済むので楽しめるでしょう。

大人でもスキーウェアで完全武装している人もいっぱいいましたし。

 

スポンサーリンク

札幌雪まつりつどーむ会場へはシャトルバス?料金は?

 

つどーむ会場に駐車場は用意してないので地下鉄やバスなど公共交通機関を利用するしかないです。地下鉄だと地下鉄東豊線「栄町駅」2番出口下車して徒歩15分でつどーむ会場に着きます。

 

最初大通りから歩いていこうと思っていたんだけど、道路は雪と凍っている部分もあるし、バスでも30分以上かかる距離と離れているので無理です(-_-;)

 

近くにイオンやお店屋さんがあるんだけど、そこの駐車場に停めてくる人もいるようで、つどーむ入り口に注意書きがされてました。いくら無料で駐車できるからってモラルに反してはいけませんよね?子供も見ているし。

 

 

札幌雪まつりは開催中はシャトルバスが1時間に3本も大通会場や栄町駅から出ているので便利です。

大通会場⇔つどーむ会場

行き 大通りから乗る時は大通会場の西3丁目・大通りビッセ前→札幌駅北口→つどーむ会場で35分、料金は大人210円小人110円

 

帰りは行きの逆順です。

地下鉄東豊線栄町駅⇔つどーむ会場

料金 大人100円、小学生以下や65歳以上、障害のある方は無料(どちらも身分証明書提示)

所要時間 5分

 

 

地下鉄南北線麻生駅からも1時間に2本だけどつどーむ会場までシャトルバスが出ていますよ。

麻生駅⇔つどーむ会場
料金 大人210円小人110円

所要時間は20分

 

まとめてみると…

 

  • 子連れならつどーむがおおすすめ
  • 子供も大人も防寒対策はしっかりと

 

 

つどーむに行くのなら、最初に雪像を見ておくか、子供とつどーむで遊ぶのは3時間だけだよ!ときっちりと約束するかしないとだめですね。

 

遊び疲れて子供は寝てしまいますよ。
寝ている子供を抱っこしてシャトルバスに乗っている家族をたくさん見ました。

重いし足場は凍っているし、本当に危ないですよ。

転んで骨折したらシャレになりません。

いくら滑り止めの靴を履いていても雪ならまだしも氷の上では簡単に滑りますからね。

 

札幌雪まつり=骨折の思い出にしないようにしましょう(^O^)/
楽しんできてください!

スポンサーリンク