この記事は約 4 分で読めます

この記事の最終更新日は 2017年12月4日 です。現在は状況が異なる場合がありますので予めご了承ください

 

肩こりで悩まされている人が多いですね。
僕もパソコンでデータ入力する作業のときには、すごく肩こりがひどくなります。

 

慢性的な肩こりはずっと続いているんだけど、パソコン作業のときには余計に痛いですね。そして次の日にも疲れが取れてなくて、しばらく肩こりが続きます((+_+))

 

 

ぐっすりと寝ているし、ちゃんと睡眠時間もとれているはずなのに…

 

同僚には「枕合ってないんじゃね~の?」
なんて言われますが、本当にそうなんでしょうか?

 

今回は肩こりと枕の関係について考えてみましょう。

 

スポンサーリンク

肩こりだけど、それって枕が合わないのかなぁ?

 

まずは、肩こりの原因を見てみましょう。

 

肩こりの原因は年齢や人によって様々ですが、一般的には

 

姿勢・目の疲れ・運動不足・ストレス

 

が原因です。

 

僕の場合は明らかに「姿勢」でしょうね。
ずっと同じ姿勢でパソコンに向かっていますからね(-_-)

 

だから、たまに立って背伸びしたり、首を回したりはしているんですが、それでも次の日にも肩こりがひどいっておかしいですよね。

普通、寝れば疲れが取れて、もちろん肩こりも治るはず。

 

「枕合わないんじゃね~の?」

同僚が言ったこの言葉が気になってくるわけです。

 

ここから僕の自分に合った枕探しジプシーの旅が始まるわけですが、結果的に今は自分に合った最高の枕を見つけることができましたよ\(゜ロ\)(/ロ゜)/

 

それまでは低反発枕が良いと言われれば購入して使用して肩こり変わらず・・・、高反発のエアウィーブが良いと聞けば使い、枕なしのバスタオル数枚の自家製枕、高さ調整ができるビーズのテンピュールの枕、そば殻枕…

 

まぁ~いろいろ枕を試しまくりましたよ。

そして、肩こりもだいぶ解消できています。

 

やっぱり枕って大事です。

寝て起きた感じが全然違いますもん。

 

次の日の仕事のはかどり方も違うし、いろいろ試してみてよかったと思いましたし、会社の同僚の「枕合わないじゃねーの?」という言葉が無かったら、ここまでたどり着いてなかったと思います。

 

 

肩こりの原因は枕が高い、低いに関係する?

 

あなたは枕の高さって気にしたことはありますか?

 

人によって枕が高くないと眠れない人とか、枕をすると疲れるのでしないという人もいます。枕をしない方が寝づらいと思うんだけどね、そして首や肩が凝りそうです。

 

でもね、その人に合った枕の高さというのがあるんです。

自分に合った枕の高さ…それってどうやって測るのか?

それを説明します。

 

枕に普通に頭を乗せたときに、首にしわが入るかどうかが大事です。
しわが出るということは枕が高い状態です。

 

わかります?

枕が高いと顎(あご)が極端に首の方に傾いて首にしわができますよね?

枕が高いと息もしづらいと思います。

 

 

そして、寝ているときに首の間に隙間が出ないことも大事です。

 

 

こんな感じに首の隙間を埋めるくらいの高さが必要です。

わかります?高すぎてもだめだし低すぎてもダメ。

この首の隙間を埋めるくらいのちょうどよい高さが重要です。

 

これって一人で確認できないので、誰かにチェックしてもらうといいでしょう。

実際に横になって誰かに首と床との隙間の高さの測ってもらいましょう。

 

この高さが意外に低いことがわかりますよ(・_・;)

 

 

枕をしない方が楽だという人はたぶん勘違いです。
かなり首や肩に力が入って凝っているはずです。

 

枕をしない方がいいのであれば、タオルを何枚か積み重ねて横から見て首の隙間が出ない枚数が、その人に合った枕の高さになります。

 

この状態で朝まで寝てみれば、熟睡度や体のスッキリ感が全然違うと思います。

枕は高すぎてもだめだし低すぎてもだめなんです。

 

 

スポンサーリンク

肩こりは枕の硬さにも影響してくるらしいよ。

 

そして、枕の硬さも大事です。

人間の頭の重さは2リットルのペットボトルと同じくらいだといわれています。
そう考えると頭って結構重いですよね?

 

寝たときに枕が簡単に沈むくらいの硬さは柔らかすぎですね。
理想は頭を枕に乗せたときに全く沈まない、動かないくらいの硬さがベストです。

枕が硬いと寝返りも打ちやすいし、安定性がいいので首も肩もリラックスできます。

 

僕も枕が合わないと指摘されてから、いろんな枕を試してみましたよ。
今までの低反発枕はやめて、高反発のエアウィーブ、枕なしのバスタオル数枚の自家製枕、高さ調整ができるビーズのテンピュールの枕、そば殻枕…

 

それで一番体が楽で合っているなと感じた枕が意外にも、そば殻枕でした(”_”)

 

 

そば殻枕って安いし昔ながらの枕なので、絶対に合わないと思ったけど、一番しっくりきて、肩こりも前よりいいみたいです。

 

 

僕の様子をみて、カミさんも真似してそば殻枕に変えました。

やっぱりカミさんもそば殻枕が意外に気持ちよい~と言っています。

 

そば殻枕は硬さもあるし、通気性もあるので夏場も頭が蒸れないで気持ち良いです。

安いし肩こり解消にも効果あるようだし、肩こりで悩んでいるなら試しに変えてみると良いでしょう。

 

関連記事

そば殻枕は洗濯できる?ダニなどの虫対策の方法とお手入れの仕方

 

 

まとめてみると…

 

  • 枕が合わないと肩こりになる
  • 枕は硬い方がいい
  • 枕は人によって高い低いと関係する
  • そば殻枕は格安でおすすめ

 

 

枕は硬い方がいいというのは初耳ですよね。
柔らかいほうが体に良いとかってに思ってました。

 

肩こりで長年辛い思いをしているのなら、もしかして枕が合わないのかもしれません。

 

 

肩こりって年齢や更年期、運動不足、ストレスなど原因がいろいろです。

原因を突き止めるのってなかなか難しいので消去法で突き詰めるしかないです。

 

そば殻枕だと安いので試しやすいですよ。

 

スポンサーリンク