この記事は約 6 分で読めます

この記事の最終更新日は 2017年12月22日 です。現在は状況が異なる場合がありますので予めご了承ください

 

春から夢の一人暮らしを始める女性の方!
気を付けなければならないことっていっぱいありますよ。

 

夢が悪夢に変わらないように、しっかりと最低限の防犯対策はすべきです!

不用心な一人暮らしの女性は狙われやすいです。

 

今回は普段からできる予防策というか用心することを書きました。
まずはお金をかけないで簡単にできる防犯対策から始めてみましょう。

スポンサーリンク

一人暮らし女性が気をつけることとは?

犯罪者や予備軍は一人暮らしの女性をターゲットにします。
それは若いし人生経験が未熟だから狙いやすいんです。

 

じゃあ、どうすればいいの?ってことですが、簡単なことです。

まずやることは暗い時に外を出歩かないことです。

事件は必ず夜に起きます。明るい時に起きる確率って極端に下がります。

夜に外出しないだけで危険度はだいぶ下がります。

遅くても夜の11時までに帰宅するようにしましょう。

 

最寄り駅から自宅まで目を付けたあなたのあとをついてくる可能性もあります。バイトでどうしても帰宅時間が遅くなる時は、駅からはタクシーを使うという手もあります。

わざわざタクシーなんてもったいないというのならば、遠回りしてもいいから明るい帰り道を選びましょう。

 

帰りにコンビニに寄るのも危険ですよ。
コンビニで一人暮らしの女性を物色している輩もいるってことを肝に銘ずること!

コンビニスイーツを買いたいのはわかりますが、食材は休みに日にスーパーでまとめ買いした方が安上がりになります。どうしてもコンビニによる用事があるのなら、人通りの多い駅前。箸は彼氏と住んでいるように二つもらいましょう。

 

外に出たらコンビニ袋ごとバックに入れます。
夜にコンビニの袋をブラブラと下げて歩いている女性はどう考えても不用心です。一人暮らし全開ですよ?

 

そして、スマホ歩きしないでイヤフォンで音楽も聴かずに、曲がり角では必ず後ろを振り向くこと。これだけで、あなたに目を付けた変質者はひるみます。

警戒しているそぶりを見せることです。

 

アパートに着いたら周りを気にすること。あとを付けてきた人がいないか確認!
エレベーターがあるマンションであれば、必ず一人で乗ること。エレベーターは密室になるので危険です。

開いた瞬間に男が乗ってくる可能性もあるので、後ろを気にしながらすぐに閉めること。

階数は自分が降りる階数のほかに上の階数も何個か押すこと。これによって住んでいる階数がばれません。

 

部屋に入る前は周りに誰もいないか必ず確認すること。

玄関を開けた瞬間に押し入ってくる事件が多いですよ。

玄関を開けたら一人暮らしじゃないアピールするために「ただいま~♪」と言って、靴を脱ぐ前に鍵をかけてチェーン。ドアを開けたらすぐに閉めて鍵ですよ。

イメージできました?

 

マンションのエントランスで男性と鉢合わせになったら、電話で誰かに話してもいいですし、ポストを確認するなり一緒にエレベーターに乗ることは避けます。

たとえ知っている住人でも危険です。住人からの被害も意外に多いことを忘れてはだめです。

 

ここまで大丈夫でしょうか?
夜に帰宅するならここまで用心しないとだめです。

もちろん日中でも部屋に入る時は周りを気にしないとだめですよ?

夜には防犯ブザーをすぐに鳴らせるように所持しているのも確実に相手はひるむのでおすすめです。

 

引越し挨拶は女性が一人暮らしだと告知しているようなもの?

男性だったら引越しの挨拶はした方がいいと思いますが、これが女性の一人暮らしの場合はしない方がいいです。

「私、今日からここで女一人で暮らすことになりました」と宣言するようなものだから危ないですよ。

 

これは東京だけに限らず地方でも女性の場合は挨拶しない方がいいでしょうね。

引越しの挨拶はしないけれども、廊下やゴミ出しのときに挨拶すればいいのですから。

住むようになれば遅かれ早かれ顔を合わすことになるわけだから、その時に軽く挨拶すればいいです。

 

どうしてもあいさつしないと非常識だと思われて気持ち悪いというのなら、母親ではなく父親と一緒に挨拶に行くと防犯上の効果大でしょう。若い女性が1人で挨拶に行くのと、男親と一緒に挨拶に行くのでは印象が全然違いますからね。

 

男性の1人暮らしでの挨拶なら今どきの若い子はえらいなぁ~となるかもしれませんが、
女性の場合は危ない状況に近づきますのでやめましょう。

 

女性の1人暮らしの場合は挨拶なしは非常識ではありません。
防犯対策と思って堂々としてください。

 

女性が一人で自分のところに挨拶に来たということは、自分に好意があるのでは?とストーカー行為に走る男がいるかもしれません。
気をつけましょう。


スポンサーリンク

一人暮らし女性のお金のかからない防犯対策

まずはアパートやマンションの一階は借りないことですね。
高層階だから安心ではないですよ?奴らは屋上や非常口の階段からでも侵入してきます。

 

以前もそんな事件ありましたよね?雨どいをつたって侵入してきた男が逮捕されました。
それでも一階よりは安心ではあります。

 

あとは女性の一人暮らしだとバレないように、カモフラージュしましょう。
カーテンをするなら色や柄に注意します。

花柄なんて一発で女性の部屋だと外からわかります。

 

そして、男のもの服を干しておく。男物の服は定番ですが効果はありますし、玄関にも男物の靴を置きっぱなしにしておくのも忘れずに(-“-)

 

玄関のピンポンが鳴ってもすぐにドアを開けないことも守りましょう。
アポなしのピンポンは新聞の勧誘とかなので無視でいいと思います。

 

もしうっかりインターホンに出てしまった場合は「ここは彼氏の部屋なのでわかりません」と余計なことは言わずにすぐに切りましょう。話しかけてくると思いますが無視して切りましょう。

 

運送屋さんのふりをして侵入すようとする輩もいるので、通販は日時と時間を選択して注文しましょう。

 

ここまでは本当に基本の防犯対策ですよね。

ここからは設備の防犯対策です。

 

まず夜に帰宅するときは電気をつけっぱなしにして出かけることです。
電気代なんてほんのちょっとのことですから、その点はあまりに気にしないことです。
電気がついている家には絶対に空き巣も入ってきません。

 

玄関ドアにのぞき窓が付いているのならカバーが売っているので付ける。

あとはサムターンカバーもつけます。
ドアの下に新聞受けがあるならここもカバーが売ってるので付けます。

玄関チェーンは日中でも常にかけるように心がける。

 

窓は二重ロックにして暑い時も10センチ以上は開かないようにロックする(窓の下にロックがついてます。)

 

ここまでやればこの部屋は防犯対策がしっかりしているのでめんどくさいなと察知して変なのも寄り付かないでしょう。

 

あと女性の場合はハイヒールを履くこともあるかと思いますが、あのハイヒールの音は男って敏感に反応します。電車でもカツカツ音がするとみんな男ってどんな女なのか必ず見るでしょ?

 

アパートの廊下などハイヒールの音は響きます。
いかにも女性が歩いていますとアピールするようなものなので用心した方がいいです。

あの音ってなんかソワソワするのが男性のサガですからね。

 

まとめてみると…

  • 引越しの挨拶は女性ならばしない方がいい
  • 夜に帰宅しないこと
  • 夜のコンビニは危険
  • 家の防犯対策もしっかりと見直す

 

いかがですか?
見直さないとダメな部分って見つかったんじゃないですか?

 

見つかったならば今すぐに改善した方がいいですね。
とにかく女性の一人暮らしは狙われやすいと肝に銘じていると警戒心が出て日頃から油断しないと思います。

油断大敵ですね。

スポンサーリンク