パンくずリスト
  • ホーム
  • 雪まつり
タグ:雪まつり

 

雪まつりに行くと甘酒を握りしめて寒くてぶるぶる震えている女性を見ます。

 

恰好を見てみるとミニスカートにタイツ、ショート丈のコートやダウンジャケット…東京の真冬の恰好で雪まつり観光は厳しいです。

 

寒くて雪像を見る余裕もないでしょう(=_=)

 

雪まつりに行くのなら完全防寒対策して暖かい服装で行かないとマジに全然楽しくないですよ?

 

今回は北海道雪まつりでのベストな女性の服装をお伝えします。
寒くなくておしゃれを意識した服装だとテンションも上がりますよ♪

この記事の続きを読む

 

北海道の雪まつりを見に行くときの服装って道民じゃないと悩むと思います。
単純に防寒対策とざっくりと言われても理解できませんよね?

 

そして雪まつりのためだけに新しく防寒着を購入するのももったいないですよ。

ただでさえ旅行代金かかっているのに、さらにアウターの防寒着まで買うよりも安く節約してその分美味しいグルメを堪能した方がいいです。

 

今回は北海道雪まつりでの全く寒くない男性の服装・靴おすすめを紹介します。

この記事の続きを読む

 

東北の雪まつりの中でも、ここまで「かまくら」をメインにした祭りってないです。
それは秋田県横手市の横手かまくら祭り。

 

祭りと言いますが、18時から21時までと夜だけの開催でかなりシンプル(*´з`)

でも、雪明りにかまくらの風景は幻想的でなんかいいものですよ。

文字だけだとぴんと来ないかもしれませんが行ってみればわかります。

 

来場者数も多くなくて道路も混んでないし、ゆっくり見れてストレスフリーの雪まつりです。

 

無料の駐車場も多いし、穴場の駐車場も載せておきますので参考にしてみてください。
ではでは行ってみましょう~

この記事の続きを読む

 

東北の雪まつりというと、「かまくら」がポンと頭に浮かびます。

 

かまくらというと秋田県横手市の雪まつりと岩手県小岩井農場のいわて雪まつりですね。

 

いわて雪まつりでは、あのかまくらの中でジンギスカンを焼いて食べられるという情報を
聞いて、どんなものなのか体験したくて若い時に彼女と車で行ったことがあります。

今から20年以上前のことです(年齢わかるね^^;)

 

子供と行く人は目的はそり遊びなんだろうけど、カップルで行く人は花火やかまくら食堂でしょう。

ということで、僕の若かりし岩手雪祭り体験談を交えて混雑状況とか解説しますね。

ではでは行ってみましょう~

 

この記事の続きを読む