この記事は約 4 分で読めます

この記事の最終更新日は 2017年12月17日 です。現在は状況が異なる場合がありますので予めご了承ください

 

足袋シューズがTBSドラマ「陸王」の影響で話題になってますが、あの靴って本当にランニングとして効果あるの?って思いませんか?

見た感じ、まんま足袋(たび)だし(-.-)

 

ドラマでは主人公が履いたらスピードアップしたり…
テレビ的に面白く脚色してるんだろうなぁ~って見ている人も多いと思います。

 

足袋シューズって実際どうなの?ってところをぶっちゃけてました。
ではでは行ってみましょう~

スポンサーリンク

足袋シューズの効果って何?

ドラマ「陸王」では足袋シューズとして、100年続いた足袋製造会社・こはぜ屋と設定されていますが、埼玉県行田市にも同じように足袋会社「きねや」があるので、陸王って実話なんじゃない?とネットで評判になっていますが、実際には違います。

モデルになったのかもしれませんが実話ではありません。
若干の脚色はされていると思います。

 

その「きねや」でも同じように2013年に足袋シューズ「無敵」を開発販売しているので実話と勘違いしてしまいすよね(*^^*)

 

 

僕の知り合いでトレイルランニング(トレラン)といって山道を走るスポーツをしている人がいます。

その人が足袋シューズを愛用しているので、効果を聞くことがあります。というか、会うたびに「裸足感覚で走ると気持ち良いよ~マジおすすめだから」と興奮したように話してくれます。

 

足袋シューズってソールも薄いし、指が分かれているでしょ?
だから裸足感覚なんです。

子供のころ裸足で道路や芝生の上を走ったでしょ?あの感覚です。
足の指で地面をつかむようなあの感じです。

 

裸足感覚ということでベアフットシューズとも言われいます。

いまだと海の砂浜を裸足で歩いた感じとも近いですね、あんな感じです。

トレイルランニングのときは足の指や足裏全体を使って運動するので、普通のランニングシューズじゃだめで、足袋シューズのようなソールの薄い靴がいいんです。

その人が言ってましたが、足袋シューズは足裏の筋肉、足の指、足首、膝を鍛えるのに最適です。

 

陸王だとシルクレイソールって呼ばれていましたが、3ミリとか本当に薄くていつものランニングシューズのように踵(かかと)から着地したら、足を痛めます。
必然的に足先から着地して微妙にかかとを着くような走りになります。

フォアフット走法ですね。

ベアフット走法→裸足走法
フォアフット走法→足先着地

 

ソールが薄いので、かかと着地はできないので足先着地。よって、体は前傾姿勢になり無駄のないフォームに改善される効果もあります。

 

 

足袋シューズの履き心地は?

一度、スポーツ店で足袋シューズではないけれど似たようなベアフット用のシューズに足を入れたときがあります。店内を10メートルくらい歩いた時の履き心地は、まさに裸足…

 

ちょっとした段差でも足裏に感覚があるので、一般道で小石を踏んだだけでも痛いです、たぶん。

 

足の指で地面を押し出して進む感覚なので確実に足の指や足裏を鍛えることができるんでしょう。かなり足裏をシビアに過酷に鍛えることになるので、最初は走らないでウォーキングから始めたほうがいいでしょう。

 

ソールが薄いのでいきなり長距離走やインターバルのようなピッチの早い走り方はケガの元です。

 

そして問題はその見た目です。
陸王でも見た通り、見た目は足袋です。

 

足袋をちょっとおしゃれに加工したような見た目なので電車にいたら注目の的です。そしてアッパー素材も柔らかいので踏まれたら超痛いです。

 

いきなり足袋シューズ履くよりもベアフット感覚を養うために、街履きでもお洒落なナイキのフリーランがおすすめかな。

 

 

ナイキの裸足感覚シューズとして普段履きに最適です。
画像のようにソールに深いブロック状の切り込みが入っていて、ソールがグニャグニャと曲がるので足袋シューズの入門シューズといっていいです。

 

足袋シューズよりクッション性があって厚いイメージですね。
見た目がおしゃれなので女性にも人気のシューズです。

 

まずはナイキのフリーで足裏を鍛えてから足袋シューズデビューがいいとも思いますよ。

 


スポンサーリンク

足袋シューズでおしゃれな靴メーカー

いかにも陸王と似たモデルは最初に話した行田市の足袋屋きねやの「無敵」です。
価格も5,000円台と破格の安さです。

「無敵」はドラマの影響で生産が追い付かず、今でも在庫なし状態が続いています。

 

安すぎですよね・・・でもソールもアッパー素材もそれなりの感じなので、耐久性は期待できないかもしれません。

 

僕も履いてみたくて何度も販売サイトを見ているんだけど、全然販売再開できないようですね。ドラマの影響ってすごいですね(”_”)

 

で、「無敵」はあの通りのデザインで正直ダサいけど、昨日は同じ足袋シューズで似たような靴が何個かあるので紹介しておきます。

 

  • ビブラムファイブフィンガーズ

 

「無敵」と比較するのもあれなんですが、見た目はおしゃれでかっこいいけど値段が「無敵」の3倍なのが痛いですね。
履き心地は「無敵」と「ナイキフリー」の中間のクッション性と柔らかさです。

 

僕が店舗で足入れしたのもトレランの知り合いもこのシューズを履いています。

ソールも「無敵」はただの平面状の真っ平のソールですが、ビブラムは若干土踏まず部分があったり母指球部分が盛り上がっていたり立体ソールです。

 

 

まとめてみると…

  • 足袋シューズはフォアフットトレーニングに最適
  • 裸足感覚

 

 

足裏を鍛えることって大事です。

 

現代人は硬い靴底に守られてペタペタと足の指も使わずに歩いているので、浮き指や下半身デブ、お腹ポッコリ体型になりやすいんです。

 

あなたは普段、足裏を意識して歩いていますか?

 

マラソンでフルマラソン挑戦したけど、30キロすぎに足が釣ってリタイアしたなどは足袋シューズで足裏と体幹を鍛えた方がいいかもしれません。

 

あとは「無敵」の販売再開を待つだけです。

スポンサーリンク