この記事は約 3 分で読めます

ワークマンの厚底ランニングシューズ レビュー!フルマラソンで使えるか評価しました。

ワークマンの厚底ランニングシューズ(アスレ ハイバウンス)を購入しました。

 

値段が税込み1,900円。コスパ最強です。

19,000円じゃないですよ!1,900円ですからね。

 

本当は26.5cmが欲しかったけど、26.0cmしかなかったので失敗してもいいかなとすぐに店舗で買いました。1,900円だし。

 

ただ後から調べてみたら公式通販サイトがあり、サイズの在庫豊富だったこと。

 

ネットで買えばよかったなと。

これが公式サイト↓


 

公式サイトだと店舗受取なら送料無料だし…

今度からは通販でワークマングッズは買うことにします。

 

この記事ではワークマンのランニングシューズの履き心地、厚底の反発力、マラソン大会で使えるのかについて評価してみました。

スポンサーリンク

 

もくじ

閉じる

アスレシューズ・ハイバウンスの黒を店舗で購入

ワークマンのランニングシューズのことはランニング仲間から噂は聞いていました。

 

厚底で疲れないし反発力がすごいと。

値段も1,900円と安いし、いつか買おうと思っていたので店舗で即購入。

 

色は汚れが目立たないように黒を買いました。

 

ワークマン シューズ ランニング レビュー

 

見た目からしてこれが1,900円のランニングシューズとは思えませんよね。

 

10キロ試しにジョギングしてきましたが、「ソールの反発力に自信!」と謳っているだけあって確かに弾む感じです。

 

ふわふわ?

ボムボム?

ぽわんぽわん?

 

言葉で表すとこんな感じの反発力ですね。

 

厚底で反発力もあり、そしてすごく軽い。

脚も疲れない、痛くならない。

 

ただ、足の甲のガード力がちょっと気になるなと感じました。

 

練習用やジョギング使用なら十分使えます。

ただ、フルマラソンとなるとちょっと微妙かもしれません。

 

やっぱりフルマラソンでタイムを刻みたいなら、ナイキやアシックスなどのスポーツブランドメーカーのシューズのほうが良さそうです。

 

あの森脇さんも動画でワークマンのランニングシューズのレビューをしているので参考になりますよ。

 

 

ワークマンのランニングシューズの厚底具合

ワークマンランニングシューズ厚底

 

この厚底を見てください。

結構厚いですよね?

 

店で履いてみたときも、その反発力にびっくりしました。

フカフカじゃん。

 

これで1,900円なの?と思ってしまいました。

 

アスレシューズ 口コミ

 

かかとも同じように厚くなっているので、かかとから着地する癖がある人も痛くならないでしょう。

 

この靴底の名称が「Bounce TECH」。

ワークマン自社開発のソールです。

 

ワークマン 厚底 シューズ

 

値札についている説明を見ると、「分子レベルから開発したワークマンオリジナルの高反発素材」らしいです。

 

「分子レベル」って書かれるとなんかわからないけどすごそうです(-_-;)

 

ちなみにソールは床が濡れていたりすると滑りやすいですね。

道路の横断歩道の上とか、意外に滑ります。

 

ソールはもうちょっと溝を深くしてほしかったというのが本音です。

 

ワークマン ランニングシューズ 評価

 

甲の部分はメッシュになっているので、そこまで蒸れません。

ただ最初に書きましたが、ガード力がちょっと弱い感じですね。

 

まぁこの値段では上出来ですけどね。

 

スポンサーリンク

反発力をアディダスブーストと比べてみた

ブーストとアスレシューズ

 

反発力といえば、アディダスブーストもしくはナイキのベイパーフライですよね。

 

私はベイパーフライは持っていないので、アディダスブーストと比較してみました。

 

結果は明らかにブーストの勝ちです!

 

やっぱりね、値段の違いの差は明らかですよ。

全然違うもん、反発力が。

 

もしフルマラソンにワークマンのランニングシューズで出場したら、ゴールするまで靴がもつのか微妙です。

 

私の知っている人は同じくアスレシューズの白を履いていましたが、1か月くらいでソールが剥げてしまったようです。

 

そしてまたすぐに同じシューズを購入したようですよ。

ジョギング用に最適だといってました。

 

反発力があるので足のケガ、疲れを気にせずに練習できますからね。

 

まとめ

  • 1,900円にしては上出来
  • 反発力はある
  • ジョギングとか練習用に最適
  • 耐久性に疑問

 

1,900円なので試しに購入してみて体感してみてください。

 

近くのワークマン+になかったら、ワークマン公式サイトで購入して店舗受取にすると送料無料になりますよ。

 




→ワークマン公式サイトで在庫を確認してみる

 

 

 

 

スポンサーリンク