この記事は約 3 分で読めます

リングベルトの付け方や絞め方は?リングが1つの時のおすすめアレンジ

今注目のアイテムなのがリングベルトですよね。

 

パンツからワンピースまで幅広く合わせることができるので、使っているという人も多いのではないでしょうか?

 

しかし、そんなリングベルトですが見た目は可愛いですが、いまいちリングの付け方や絞め方がよくわからないですよね。

 

また、リングが1つの時にはどのようにアレンジをすればいいのでしょうか?

 

結論から言えば、リングベルトは簡単につけられますし、リングが1つの時でも簡単にアレンジができます。

 

ではそんなリングベルトについて解説をしていきます。

スポンサーリンク

もくじ

閉じる

リングベルトの付け方締め方

リングベルトですが、可愛いですが、ぱっと見付け方がわからないですよね。

 

どのようにしたらリングベルトを付けて閉めることができるのでしょうか?

 

それでは解説をしていきます。

 

リングベルトですが、通常リングは2つ付いています。

この2つのリングを使ってベルトを付けて締める仕組みになっています。

 

リングベルトの付け方締め方の手順としては以下の通りです。

 

①ベルトを腰に巻いたらベルトの先端を2つのリングに通す

 

リングベルト 付け方

 

②リングにベルトを通したら、折り返して、二つのリングの間に外側から通すようにする

 

リングベルト 締め方

 

③ウエストに合わせて締める位置を調整する

 

リングベルトの締め方付け方

 

 

こんな感じです。

 

慣れたら普通のベルト以上に早く自由に調節もできるようになりますよ。

 

リングベルトは実際につけてみるのが一番仕組みも付け方もわかります。

 

リングベルトの付け方や締め方がわからないからと言って敬遠はしないで、ぜひリングベルトを使ってみてくださいね。

スポンサーリンク

 

リングベルトの付け方!リングが1つの場合は?

リングベルトの付け方ですがリングが2つの場合は上記の通りです。

 

ではリングが1つの場合はどうすればいいのでしょうか?

続いて解説をしていきましょう。

 

リングベルトのリングが1つの場合ですが、基本的にはリングを使って締めることはできません。

 

このようなタイプの場合は、リングはただの飾りです。

 

なのでベルトはどこか好きなところで結ぶことで付けたり絞めたりをします。

 

少し使い方は難しくはなるのですが、その分結び目のアレンジなどが効くアイテムとなっています。

 

なのでリングベルトを使った上で、さらにアレンジを楽しみたいという方は、リングが1つのタイプのリングベルトを使ってみるのが良いでしょう。

 

リングベルトの締め方アレンジ

リングベルトの締め方ですが、さまざまなアレンジがあります。

 

では続いてそんなリングベルトの締め方のアレンジを紹介していきます。

 

リングベルトのアレンジですが以下のようなものがあります。

 

ベルトの遊びは長くする

リングベルト ひも長くする

 

リングベルトのベルトの遊びを長くして、それを垂らすことで、近年流行りのガウチョパンツなどをより一層おしゃれに着こなすことができます。

 

もともとリングベルトが遊びが長くできているものが多いですし、ベルトを締める位置も自由です。

 

なのでベルトの遊びをうまく調節して、ぜひ着こなすようにしてくださいね。

 

リングの位置をずらす

普通のベルトの場合はバックルの位置は正面ですよね。

 

ただリングベルトの場合は、リングの位置をあえてずらすアレンジも可能です。

 

腰の横につけることでアクセサリーのように見せることもできますので、ファッションに合わせて調節をしてみてくださいね。

 

結び目を可愛くする

リングが1つのリングベルトの場合は、ベルトを結ぶ必要があります。

 

その際には結び目を可愛くアレンジすることで、リングと共に可愛さがアップします。

 

その場合細いベルトを使ったほうがアレンジがしやすく、全体的に可愛く見せることが可能ですよ。

 

ぜひリングベルトのアレンジを色々と試してみてくださいね。

 

まとめ

リングベルトですが、最近流行りのファッションアイテムとなっています。

 

リングベルトは一見付け方や締め方が難しいですが、慣れると簡単に付けることができます。

 

その他にもアレンジが効きやすいので、ファッションアイテムにも取り入れやすいです。

 

ぜひリングベルトを使って、ファッションを楽しんでみてくださいね!

スポンサーリンク