この記事は約 4 分で読めます

 

年賀状だけの付き合いの普段会うことのない学生時代の知り合いであれば、年賀状やめたいときも簡単にやめることができるでしょう。

 

ただこれが親戚となると厄介です。いろいろなしがらみもあるだろうし、血縁関係を絶縁することもできないのでやめたくてもやめられない人って多いのではないですか?

 

今回は相手に失礼のないように、角が立たないように気持ちよく年賀状をやめる方法を考えてみましょう。

スポンサーリンク

会わない親戚との年賀状やめたいときどうしますか?

あなたにも普段会わない親戚っていませんか?

 

長年、年賀状を出し続けていましたが、会うこともないし年賀状の最後に書く一言も何を書いたらいいのか見当たらない…

また今年も「お元気ですか?」「今年もよろしく」で終了にする??

なんかもう、このありきたりな社交辞令の一言書くのもうんざりしてませんか?
「今年もよろしく」もなにも会わないし連絡取ることもないんですから…

 

年賀状をやめるタイミング
それは手書きの一言をなんて書いたらいいのか悩んでしまう時だと思います。
ずばりジャストタイミング!

 

そうなってくると相手の親戚だって年賀状やめるタイミングをうかがっているんじゃないですかね。だったら、お互い気持ちよく年賀状やめたいですよね。

失礼のないように不快に感じないようなスマートにやめる方法ってどうすればいいのでしょうか?

 

年賀状を角の立たないようにやめる方法

年賀状をやめる方法って何個か考えられます。

 

  • 年賀状を出さない

こちらからも出さないし、相手から年賀状が来ても出さない。
もしかして二年目にもう一度来るかもしれませんが、これで相手も気付くでしょう。

 

  • 元日に届いたら遅れてこちらから出す

今まで元旦に届くように早めに出していた年賀状を元旦に届かないようにすると相手も「あれ?やめたいのかな?」って気付くと思います。

これを繰り返しているうちに自然に相手のほうから出さなくなるのでは?

 

  • 12月初頭に年賀状辞退のはがきを送る

相手が年賀状作成する前にこちらから年賀状辞退と宣言する方法です。
年賀状やめたい相手に、はがきを送ること自体苦痛ですがね(-_-;)

 

  • 元旦に届くように出さないで寒中見舞いとして出す

つまり、1月7日以降に年賀状ではなくて寒中見舞いを出す方法です。
寒中見舞いに「年賀状辞退文言」を書かなくても、これで相手もわかるはずです。
ただ鈍感な相手だと寒中見舞いの意味が分からなくて来年また年賀状が来る可能性もあります。

 

  • 年賀状に「やめます」宣言を書く

年賀状の最後に「本年限りにさせてきただきます」と年賀状は今年で最後にしますと書けば、相手にもはっきりとわかると思います。

 

 

5つの案を出しましたが、親戚関係との間柄を考えると不快な思いをさせないで上手にやめる方法は一番最後の方法じゃないでしょうか。

 

親戚ですから、今後法事などで顔を合わす可能性だってあります。
突然年賀状を出さない方法だと何かあったのかとか余計な心配をさせるだろうし、自然消滅というのも、なんだかバツの悪い方法です。

 

会わないといっても親戚関係ですから、なるべく角の立たないように「年賀状を最後にしたい」と宣言した方がいいでしょうね。

意外に相手もホッとしているかもしれませんよ。


スポンサーリンク

年賀状を失礼のないようにやめたい時の一言文例

突然、新年早々年賀状にやめると書かれているとショックを受けるかもしれないので相手にやんわりと伝えるのがポイントです。

 

年賀状辞退宣言するときのポイント

・相手に余計な心配をさせないように理由を書く

 

・あなただけではなく全員への年賀状を辞退すると書く

 

・社交辞令で「今後の付き合いもよろしく」と入れる

これを踏まえて文言を考えてみましょう。

 

あなたが高齢であれば年賀状をやめるのは簡単です。

寄る年波に勝てず
永年にわたり賀状をたまわりましたが
本年を持ちまして全ての賀詞交歓を辞退することと致しました

尚今後とも変わらぬご厚誼のほどよろしくお願いいたします

 

〇〇年元旦

 

文例はこれで良いでしょう。
「寄る年波に勝てず」というはっきりとした理由を書きますからね。

 

しかし、高齢でもない場合は「寄る年波に勝てず」は使えませんよね。
となると、角が立たない文例はこうでしょう。

年末年始は多忙のため
来年からの年賀状はどなた様へも今後控えさせていただきたく存じます
何卒ご了承くださいませ
今後とも変わらぬお付き合いお願い申し上げます

 

〇〇年元旦

年末年始は多忙のため
本年を持ちましてすべての年賀状を辞退することに致しました
何卒ご了承いただくとともにご家族様のご繁栄をお祈りいたします

 

〇〇年元旦

 

 

この文例だと年末年始は忙しいというはっきりした理由と全員との年賀状を控えると伝わるので相手も納得するでしょう。

 

まとめてみると…

  • 親戚の年賀状をやめたいならば無視はだめ

 

出したくない、やめたい年賀状はやめるとスッキリしますよ。
意外に相手もやめたいと思っているのかもしれません。

 

あなたが年賀状でストレスになっているのなら、今すぐにやめた方がいいと思いますけどね。たぶん秋が終わると「うわーまた年賀状出さないと…」と頭の片隅に残っていて知らないうちに何かしらのストレスになっていると思います。

 

そのストレスが風邪や仕事の失敗、肩こり、頭痛に関係しているということも十分考えられますよ。だったら、無理な年賀状書かない方がいいでしょう。

 

参考になれば幸いですm(__)m

 

スポンサーリンク